リール 写真

レボBLACK10は2019年新発売のギア比10.1対1を実現したベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

アブガルシアから2019年新発売のレボBLACK10は、ギア比が10.1対1のベイトリールです。

これだけ高いギア比なら、手返し抜群のバス釣りを実践できるでしょう。

その特徴や解説動画をピックアップしてみました。

レボBLACK10ってどんなベイトリールなの?基本スペックはこちら!

レボBLACK10は、バス釣りはもちろん、ソルトゲームでも使用可能なロープロファイルベイトリールです。

自重は245グラムで、他メーカーのリールと比べて軽量というわけではありません。

その理由は、各部に施した高い剛性によるものでしょう。

デュラメタルフレームやサイドプレート、大口径のブラスギアやデュラクラッチなどが、快適な釣りを提供してくれますよ。

レボBLACK10のギア比に注目!なんと10.1対1!

このベイトリールの最大の特徴は、設定されたギア比でしょう。

なんと、10.1対1。

ハンドル1巻きで、約105センチもラインを巻き取ってくれます。

手返しの良さは抜群で、テキサスリグやラバージグのピッチングを効率よくおこなうことができます。

レベルワインダーがスプールから離れているメリットとは?

レボBLACK10のもうひとつのメリットを挙げるとすれば、レベルワインダーの位置でしょう。

スプールからずいぶんと離れた位置に設置されています。

こうすることで、キャスト時に放出されたラインが、レベルワインダーの穴に当たってバックラッシュトラブルになるのを抑えてくれます。

アブガルシアのオールドリールには、キャスティング競技専用のベイトリールがありましたが、それもレベルワインダーの位置をスプールから離していたのが印象的でした。

当時の発想や技術が、最新のベイトリールに活かされているのは嬉しいですね。

マグトラックスⅢブレーキシステムを搭載!

このベイトリールには、マグトラックスⅢブレーキシステムが搭載されています。

キャスト時にルアーがリリースされた瞬間からブレーキが確実に効くようになっていますよ。

厚さ1.5ミリのマグネットが2個、厚さ3ミリのマグネットが5個搭載されています。

また、1.5ミリのマグネットが3個付いているので、お好みで個数を調整することができますよ。

製品の解説動画はこちら

最大ドラグ力は8キロ、ラインキャパは16ポンドで100メートルになっています。

レボBLACK10は、2019年3月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング