グラス 写真

VALBAROSウェリントンタイプLU-101Sは2019年新発売の日常生活でも使用可能な偏光グラス!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノから新発売のVALBAROSウェリントンタイプLU-101Sは、日常生活でも使えるスタンダードデザインの偏光グラスです。

ブラックフレームが、ぴりっとした印象を与えてくれますよね。

その特徴やレンズカラーラインナップをご紹介しましょう。

VALBAROSウェリントンタイプLU-101Sってどんな偏光グラスなの?基本スペックはこちら!

VALBAROSウェリントンタイプLU-101Sは、ブラックフレームで統一された日常生活でも使用可能なデザインの偏光グラスです。

サイズは、フレーム巾が132ミリ、偏光レンズの縦×横が40×50.5ミリです。

標準的なサイズですから、釣具店で試し装着してみて自分にフィットするか確認してください。

VALBAROSウェリントンタイプLU-101Sのフレーム素材はアセテート!

この偏光グラスの素材には、フレームにアセテートを採用しています。

アセテートとは、半合成繊維と呼ばれる繊維のこと。

半合成繊維とは、天然の原料成分に化学薬品を用いて繊維状に加工したものを指しています。

ここでは原料にパルプを使い、そこに無水酢酸とアセトンを加えて作り上げていますよ。

肌触りが良く、吸湿性や吸水性も適度にある繊維として知られています。

レンズのコートに注目!

VALBAROSウェリントンタイプLU-101Sのレンズには、ポーラファインCR39が使われています。

その偏光フィルムには、コンベックス社の汎用フィルムが選ばれていますよ。

レンズの凹面には、ハードコート+ARコート+超撥水コートが施されています。

レンズのミラー面には、ハードコート+ミラーコート+超撥水コートが施されています。

偏光グラスのメリットとは?

偏光グラスのメリットは、水面からの光の反射を抑えて、水中の様子をチェックできることにあります。

魚を見つけるよりも、底の地形変化や何か沈んでいないかを確認できることが、釣りを実践する上でプラスに働くでしょう。

目を日照から守る役割も担っていますよ。

この偏光グラスには、全部で6種類のカラーがラインナップされています。

●イエローミラーカラー

●イエローカラー

●グレーミラーカラー

●グレーカラー

●ブラウンミラーカラー

●ブラウンカラー

VALBAROSウェリントンタイプLU-101Sは、2019年3月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング