ロックフィッシュ 写真

ロックフィッシュゲームの新たな楽しみ方!どんなルアーを使ってアプローチするの?

FISHING JAPAN 編集部

これまでガシラ=カサゴやアイナメ・キジハタなどのロックフィッシュを狙うときは、ジグヘッド+ワームのジグヘッドリグや、テキサスリグを主体にアプローチしていました。

どちらも共通しているのは、ウエイト部分が付いていること。

これにより遠くへキャストできますし、素早く沈めて底をとることも可能になります。

しかし、ひとつ大きなデメリットが。

根掛かりが多発して、最悪の場合ロストしてしまうケースに発展することも。

それではロックフィッシュを釣るまでに至りませんよね。

あえてウエイトを付けないという選択!根掛かり回避のための対策法

そこで考え出されたのが、ウエイトをリグに取り付けないこと。

これなら過度に底と接触して、根掛かりを生むこともなくなります。

ロックフィッシュとはその名の通り、岩礁帯や波消しブロックが点在するポイントに棲息している魚ですから、根掛かりしなくなれば効率よく釣り上げることが可能になります。

ここではそのアプローチ方法と、それに用いるルアー・ワームやフックについてご紹介しましょう。

ロックフィッシュゲームでイモグラブを使ってみる!

塩入り高比重ワームルアーとして有名な、ゲーリーヤマモトのグラブ。

これのテール部分を最初からカットして専用設計されたのが、イモグラブです。

確かに小芋のようなフォルムですよね。

ここにワイドゲイブなオフセットフック(2/0サイズ前後)を取り付けます。

それだけでキャストしてみましょう。

まるでエギングで用いるエギのように、ユラユラと揺らめきながら底へ向かってフォールしていきますよ。

それを見てロックフィッシュが食い付くこともあれば、底に到達してからズル引きすることで食い付くこともあります。

高比重ワームルアーには手足の生えたデザインのものも!

根掛かりを全く気にせずに底をズルズル引っ張れますから、あらゆるポイントを大胆に攻めることができるでしょう。

タックルも、太いラインが使えるベイトタックルにシフトして、遠投するためにベイトフィネスリールをセットするのもいいかもしれませんね。

高比重ワームには、エビなどの甲殻類のような手足が付いているものもありますから、イモグラブで反応がないときは手足付きワームやルアーを用いるのも効果的です。

高比重ワームルアーを使ったロックフィッシュゲームを実践している動画はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング