クーラーボックス 写真

釣りに使うクーラーボックスの選び方!どれくらいの大きさなら使い勝手がいいの?

FISHING JAPAN 編集部

釣りにはさまざまなタックルが必要です。

ロッドやリール・ルアーにラインなら、すぐに思い浮かぶのですが、それだけでは済みません。

「他に何かあったっけ?」

大ありです!釣った魚をどうやって持ち帰るつもりですか?

クーラーボックスは釣りの必需品!

釣った魚が小さければ、リリースしてあげたほうがいいでしょう。

しかし、食べたいサイズの魚が釣れたら、鮮度を保ったまま無事に持ち帰りたいですよね。

そんなときに必須アイテムとなるのが、クーラーボックスです。

数多くのクーラーボックスが市販されていますが、釣り用として使うならどれくらいの大きさのものがいいのでしょう?

比較検討してみなければなりませんね。

容量15~17リットルの大きさならコスパも優秀で持ち運び便利!

容量が大きければたくさんの魚が入ります。

でも、重くなり過ぎると、ひとりで持ち運びできなくなるでしょう。

かといって、思わぬ大物が釣れたときに、クーラーボックスに入らない!では意味がありません。

大漁になるときのことも考慮すると、容量15~17リットル程度のクーラーボックスがおすすめです。

クーラーボックスに使われている断熱材の種類にも注目!

それから、断熱材にも種類が増えてきました。

保冷能力の高いものといえば、真空パネル入りでしょう。

ただ価格が高くなりがちで、コスパを比較すれば、発泡ウレタンや発泡スチロール入りのほうが安価です。

釣り場が近い場所なら、それほど保冷能力が高くなくても対応できそうですから、コスパで有利な発泡スチロール入りのクーラーボックスをおすすめします。

おすすめの釣り用クーラーボックス①シマノ・フィクセル ライトゲームスペシャルII170

シマノ クーラーボックス フィクセル ライトゲームスペシャル II 170 ピュアホワイト LF-L17P

シマノ クーラーボックス フィクセル ライトゲームスペシャル II 170 ピュアホワイト LF-L17P

参考価格:¥24,294

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

フタがワンアクションで開くように作られているので、釣り場で扱うのにとても便利なクーラーボックスです。

ラックトップレバーが付いているので、素早くスムーズに魚を投入できるようになっています。

容量17リットルですから、さまざまな対象魚に活用可能です。

安定性と直立性をしっかり保ってくれる、ハイグリップラバー脚も嬉しいですね。

おすすめの釣り用クーラーボックス②ダイワ・クールラインαII S1500

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り クールラインαII S1500 マゼンタ

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り クールラインαII S1500 マゼンタ

参考価格:¥7,342

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらのクーラーボックスは、発泡スチロールのみの断熱材仕様です。

当然コスパは高く、最初の1台におすすめといえるでしょう。

断熱材を他の仕様に変えたものも用意されているので、追加で購入するときに選択肢が広がります。

容量は15リットルありますから、使い勝手はいいですよ。

おすすめの釣り用クーラーボックス③プロックス・クールマックス24

プロックス クールマックス 24 CMAX24PR ホワイト×レッド

プロックス クールマックス 24 CMAX24PR ホワイト×レッド

参考価格:¥9,016

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

容量が24リットルとちょっと大きめになりますが、発泡スチロール断熱材でコスパ優秀なクーラーボックスです。

成型ハンドルが標準装備になので、持ち運びに便利ですよ。

釣りはもちろん、アウトドアイベントなどにも幅広く活用できます。

クーラーボックス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング