リール 写真

カルカッタコンクエストDCの細部アップ画像をチェック!2019年新発売モデルはどこがどんなふうに変わったの?

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノより新発売のベイトリール・カルカッタコンクエストDCの細部アップ写真が公開されました。

ノーマルのカルカッタコンクエストとは、ずいぶん異なるデザインに仕上げられていますね。

スペックも含めて、詳しくチェックしてみましょう。

カルカッタコンクエストDCの基本スペック!どんなベイトリールになっているの?

カルカッタコンクエストDCは、オーソドックスな丸型デザインのベイトリールです。

丸型にすることによって、ボディを鍛造で作ることが可能になっています。

シマノの冷間鍛造技術によって高い剛性を生み、その中にモジュールギアが設置されています。

ローノイズで滑らかな巻き心地を是非味わってみてください。

カルカッタコンクエストDCは200番サイズ!

このベイトリールには、Newローラークラッチが採用されています。

これにより、回転時の抵抗が軽減されていますよ。

巻き上げにパワーを感じることができるでしょう。

ボディサイズは200番ですから、20ポンドラインを100メートル巻くことが可能です。

このラインキャパの多さが、安定した遠投を可能にしますから、さまざまな釣りに対応できることにつながります。

例えば、スイムベイトによるビッグベイトパターンや、スピナーベイトによるスローロールアプローチなど。

マグナムサイズのディープクランクベイトを潜らせるのにも、重宝しますよ。

MGLスプールを搭載!

カルカッタコンクエストDCには、MGL=マグナムライトスプールが搭載されています。

このスプールは、胴径に穴を開けているだけでなく、これまで技術的に難しいとされてきた側面への穴開けも施されています。

これにより慣性モーメントの約10パーセントダウンを実現し、大幅な飛距離向上を達成しています。

デジタル制御のブレーキシステム・I-DC5を採用!

このベイトリールには、デジタル制御のブレーキシステム・I-DC5が搭載されています。

N=ナイロン・F=フロロカーボン・PEの3つのモード内部ダイアルと、5段階の外部ダイアルでブレーキ調整ができますよ。

加えて、強風時に対応するためのW=ウインドモードが設定されていて、バックラッシュを効果的に抑えながらルアー個々に合ったブレーキを見つけ出せるようになっています。

自重は260グラムで、ギア比は4.8対1。

カルカッタコンクエストDCは、右巻きが2019年3月に、左巻きが5月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング