ロッド 写真

ポイズングロリアスXCは2019年新発売のグラスコンポジットのベイトロッド!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売のポイズングロリアスXCは、グラス素材をカーボンブランクスにコンポジット=複数のものを合成したり組み合わせたロッドです。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

ポイズングロリアスXCの基本スペック!

ポイズングロリアスXCは、グラスコンポジットのバスロッドです。

設定レングスは、3種類。

●1610ML-G・・・自重100グラムで適合ルアーウエイト5~18グラム。

●170M-G・・・自重105グラムで適合ルアーウエイト7~28グラム。

●173MH-G・・・自重110グラムで適合ルアーウエイト10~35グラム。

機種名の末尾に付いているGは、グラス素材のGですね。

カーボンよりも軟らかいので、バスの吸い込みバイトを弾いてしまわずに、ロッドティップを追従させながらフッキングに持ち込めるメリットがあります。

アメリカのバストーナメントプロの間では、クランクベイトがウイニングパターンとしてよく用いられますから、このグラスコンポジット仕様のロッドは不可欠となっていますよ。

ポイズングロリアスXCのブランクスに注目!

この新しいベイトロッドのブランクスには、スパイラルXコアやハイパワーXといったカーボン素材が使われています。

軽さとネジレ強度・潰れ強度を両立させていて、そこにグラスの軟らかさが加わるわけです。

スパイラルXコアとは?

ポイズングロリアスXCのスパイラルXコアとは、カーボンテープをX状に締め上げているブランクス構造のこと。

これを、スパイラルX構造と呼んでいます。

そこに、ナノアロイテクノロジーなどの高強度材を用いたカーボンテープが採用されているのです。

フルカーボンモノコックグリップを搭載!

このロッドには、フルカーボンモノコックグリップが搭載されています。

中空構造のカーボンで作り上げ、リールシート+グリップまでも一体成型しています。

カーボン素材にクッション性のある滑り止め加工を施していて、軽さと手元の振動感知能力が大幅にアップしていますよ。

ラインガイドには、チタンフレームにトルザイトとSiCガイドリングを搭載しています。

セミマイクロサイズのガイド仕様になっていますよ。

ポイズングロリアスXCは、2019年4月に発売予定です。

現行のおすすめアイテムはこちら

シマノ ロッド ポイズン グロリアス 1610M

シマノ ロッド ポイズン グロリアス 1610M

参考価格:¥46,273

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング