リール 写真

スティーズCT SV TWの実釣インプレ動画が公開!2019年ダイワから新発売の次世代バーサタイルベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワからリリースされることになった、スティーズCT SV TW。

ベイトリールとしてさらなる進化を遂げたその性能に、釣り人の関心が集まっています。

初お目見えは、2019年開催のフィッシングショーになりそうですが、ひと足先にダイワから実釣インプレ動画が公開されましたよ。

スティーズCT SV TWってどんなベイトリールに仕上がっているの?

スティーズCT SV TWは、コンパクトサイズでありながら、タフユースに耐えられる強さを持った次世代のベイトリールです。

何よりインパクトがあったのは、そのスプールサイズでしょう。

なんと、直径30ミリのSVスプールが搭載されているのです。

スティーズCT SV TWには直径30ミリのG1ジュラルミン製CT SVスプールを搭載!

これまでのSVスプールを実際に使ってみましたが、じゅうぶん過ぎるほどの滑らかな回転の立ち上がりを持っていて、軽いルアーでもバックラッシュトラブルを抑えながら使うことができます。

それがより一層小さな直径30ミリサイズになって、そのサイズをベースにボディ全体もコンパクトにリファインされたのが、スティーズCT SV TWなのです。

握りやすさ・扱いやすさ・タックルとの一体感が秀逸!

スティーズCT SV TWのコンパクトさは、実際にベイトロッドに搭載したときに体感できるでしょう。

実釣インプレ動画を観ると分かりますが、どのテスターも握りやすさ・扱いやすさ・一体感を口にしていますね。

これまでのベイトリールと比べて、明らかに違う使用感を肌で感じているということでしょう。

あらゆるルアーアングラーにベイトリールを使った釣りを勧められる!

過去にも小さなベイトリールは、いくつか存在しました。

しかしそれらには、小さくしたという事実しか載せられていなかったように感じます。

このスティーズCT SV TWには、熟成を増したTWSシステムが搭載されていますから、実釣におけるアドバンテージが違います。

バックラッシュトラブルを起こす可能性のある初心者の人や、手のひらの小さな女性・子供に至るまで、あらゆるルアーアングラーを支える機能に仕上げられているのです。

製品の実釣インプレ動画はこちら

スティーズCT SV TWを新たなベイトフィネスのリールとして採用する人もいるでしょう。

さまざまな使い方の可能性を秘めたこのベイトリールを、一日も早く触ってみたいですよね。

自重150グラム、G1ジュラルミンマシンカットドライブギアによる滑らかな巻き心地を、フィッシングショーで体感しましょう。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

ダイワ(DAIWA) リール スティーズ SV TW 1016SV-SH

ダイワ(DAIWA) リール スティーズ SV TW 1016SV-SH

最安値価格
¥51,423(amazon)

Amazonへ ¥51,423

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

スティーズ」カテゴリの人気記事

ct sv」カテゴリの人気記事

DAILYランキング