リール 写真

19ステラSWの発売決定!シマノから2019年真にタフネスなスピニングリールが登場する!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノから、さらなるパワーと耐久性を求めた新しいステラSWが登場します。

ボディ形状やドラグ・ラインローラーに至るまで、全てを見直して真のタフネスを目指したスピニングリールになっていますよ。

その特徴を詳しく見てみましょう。

19ステラSWの基本スペックはこちら!

19ステラSWは、ショア・オフショア問わずに大型魚と対峙可能な高剛性で強いスピニングリールです。

今回ラインナップされるのは、全部で5機種。

8000番が2機種に、10000番が1機種、14000番が2機種になります。

19ステラSWの各機種ごとの対象魚や使用方法!

8000PGは、PE2号ラインから5号ラインを用いた、ショア・オフショア両方のジギングやプラッギングに適しています。

8000HGは、パワーの要る巻き重視の近海ジギングに使いたいですね。

10000PGは、大物や深場狙いのジギング用。

14000XGは、PE4号ラインから8号ラインを用いた、キャスティングゲームに適していて、大型のヒラマサやジャイアントトレバリー・マグロなどを狙いたいリールです。

14000PGは、大物や深場狙いのジギングに使いましょう。

インフィニティドライブ構造を搭載!

19ステラSWには、インフィニティドライブ構造を搭載しています。

具体的には、ピニオンギアで支持していたメインシャフトを接触しないようにし、特殊低摩擦ブッシュで支持するようにした構造のこと。

メインシャフトの摺動抵抗を大幅に抑えながら、シャフトそのものに特殊表面処理を施しています。

それにより低摩擦化に成功し、回転トルクを従来比の約30パーセントにまで低減。

高い負荷がかかった時でも、積極的に巻き上げられるのが大きなメリットでしょう。

リール 写真

インフィニティドライブ構造

出典:シマノ

ヒートシンクドラグとはどんなドラグ機能なの?

このスピニングリールの10000番と14000番には、ヒートシンクドラグが搭載されています。

ドラグ部で発生した熱をスプールの外へ逃がすためのヒートシンクパネルが付いています。

それにより、熱ダレによるドラグ力の低下を改善しました。

それから、スプールの糸巻部へ流れてしまう熱を遮断するための断熱シートも付いていますよ。

これで糸巻部の温度上昇を抑えられます。

ラインに優しく、より安定したドラグ力を扱えるようになったのです。

19ステラSWには、ストッパーベアリング部分に加えてラインローラー部分にも、Xプロテクト構造を搭載し、防水性能を向上させています。

メーカー希望販売価格は、5機種とも119,000円。

8000PG・10000PG・14000XGは2019年3月、8000HGは4月、14000PGは6月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング