家族 男性 女性 子供 男の子 女の子 釣り竿 テント アウトドアチェア クーラーボックス 写真

ちょっと目線を変えてファッショナブルに釣りを楽しんでみよう!実用性におしゃれ心をプラスすれば気分もアップ!?ひと工夫で釣りファンを増やそう!

FISHING JAPAN 編集部

実用一辺倒の釣り道具やウェアももちろん良いですが、もっとカジュアルにおしゃれを取り入れると、女性のアングラーも増えるかもしれませんよね。

今回は、釣り人の皆さんにオススメしたい、ちょっとファッショナブルな釣り道具やウェアの選び方をご紹介します!

日焼け対策の帽子や長袖も、ちょっとおしゃれに!

釣りをする上で、日焼けを気にする女性は多いでしょう。

なるべくなら、焼きたくないですよね。

日焼け止めはもちろんですが、日よけの長袖や帽子などもちょっとおしゃれな物を選んではいかがでしょう。

最近は、アウトドアブランドでもかなりファッショナブルなラインナップが増えています。

もちろん、アウトドアブランド以外でも、おしゃれで実用的な服がありますので、いろんなコーディネートが楽しめそうですね。

防水ウェアや長靴は必要?

天候や釣り場の環境によって、防水ウェアや長靴があった方が良い釣りはもちろんあります。

ただし、釣り堀や岸壁から釣る程度であれば、あまり格好にこだわらなくても釣りは楽しめますよ。

むしろ、釣り道具一式を貸してくれる釣りの施設であれば、極端な話、スーツやドレスでも釣りは楽しめるわけです。

あまり格好にこだわらず、自分好みの服装で釣りを楽しんでみて下さい。

実用性も大事!偏光タイプのサングラスも色を使い分けよう

釣りをする際はおしゃれに気を遣いつつ、やはり実用性も大事ですよね。

例えば、偏光タイプのサングラス。

これはおしゃれだからかけるのではなく、きちんとした理由と目的があります。

特に、レンズの色によって用途が変わります。

例えば、昼間の明るい時間帯にはシェードの濃いサングラスが有効なのは当然ですが、さらに茶系は光を遮蔽しやすく、赤系だと水中を視認しやすくなるという特徴があります。

逆に、曇りや明け方、夕方などは黄色系のサングラスの方が視野がはっきりと見やすくなります。

周りの環境によって適したサングラスを選びたいですね。

機能重視に、おしゃれのエッセンスを少し加えてみよう!

なにはともあれ、動きやすく、着脱しやすい服装が一番ですね。

ポケットの数や位置なども、自分が使いやすいものを選びましょう。

初めから釣専用の服装を揃える必要はありません。

少しずつ自分に合ったものを選んで、くれぐれも安全に、かつおしゃれも楽しみながら、釣りを楽しんで下さい。

釣り人の皆さんも、ちょっとした工夫で釣りの実用性が上がったり、見た目がスタイリッシュになったりと、釣り仲間から一目置かれるかもしれませんよ。

ぜひ、試してみて下さいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング