リール 写真

SLX MGLは2019年シマノから新発売のハイコストパフォーマンスなベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノから新発売となるSLX MGLは、このスペックで価格を抑えたハイコストパフォーマンスを誇るベイトリールです。

全体を覆うマットブラックカラーが、何ともシブいですよね。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

SLX MGLってどんなベイトリールなの?基本スペックを見てみよう!

SLX MGLは、バス釣りはもちろんソルトゲームでも使える仕様のベイトリールです。

右巻き設定のみで、ギア比は3種類。

6.3対1・7.2対1・8.2対1から選べるようになっていますよ。

SLX MGLには8.2対1のエクストラハイギア仕様あり!

8.2対1のモデルが、最も巻き取り量が多くなって、ハンドル1巻きで82センチ。

ラバージグやテキサスリグなどの撃ちモノにぴったりですね。

自重は、190~195グラム。

200グラムを切っているわけですから、長時間釣りをしていても疲れにくく、集中力も途切れないでしょう。

驚異の飛距離を叩き出すSLX MGL!その試投インプレ動画はこちら

ニューMGLスプールを標準装備!

SLX MGLには、ニューマグナムライトスプール=MGLスプールが搭載されています。

スプール側面への穴開けに成功したこのスプールは、先代モデルの慣性モーメントの約10パーセントダウンを達成しています。

それにより、約20パーセントの飛距離アップを期待できますよ。

スプールのラインキャパは、12ポンドラインを100メートル巻くことができます。

ハンドルの長さは、42ミリで統一されていますよ。

ブレーキシステムにSVSインフィニティを搭載!

このベイトリールのブレーキシステムには、SVSインフィニティが搭載されています。

遠心ブレーキをダイアルで簡単に調整できる機能を持っていて、独特の抜けるようなキャストフィールを維持しながら、バックラッシュを抑えることに成功しています。

マットブラックカラーのボディに、シマノブルーをポイントに使ったデザインは、シンプルでどんなロッドにも合いそうですね。

バスロッドはもちろん、ロックフィッシュ用のベイトロッドにも装着してみたくなります。

メーカー希望本体価格は、21,000円。

SLX MGLは、2019年5月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング