リール 写真

シマノ新型ベイトリール・カルカッタコンクエストDCが2019年に登場!ウインドモード付きI-DC5を搭載!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年、カルカッタコンクエストDCが発売されることになりました。

強靭な冷間鍛造ボディに組み込まれたさまざまな先進機能が、バス釣りをより楽しい釣りに変えてくれるでしょう。

公開された詳しいスペックをご紹介します。

カルカッタコンクエストDCは200番サイズのみ!

カルカッタコンクエストDCには、右巻きと左巻きの2種類が用意されています。

ギア比は一定で、4.8対1。

ハンドル1巻きで、57センチを巻き取ることができます。

ボディサイズも一定で、200番のみ。

今後100番や、300・400番などが展開されるのでしょうか?

カルカッタコンクエストDCのラインキャパは20ポンド100メートル!

自重は、260グラム。

ラインキャパは、20ポンドを100メートル巻けるようになっています。

最大ドラグ力は、6.0キロ。

ハンドルの長さは、42ミリです。

ブレーキシステムにI-DC5を採用!Wモード付き!

カルカッタコンクエストDCのブレーキシステムには、I-DC5を採用しています。

I-DC5には、N(ナイロン)・F(フロロ)・PEの3モード内部ダイアルで切り換え対応が可能です。

それに加えて、5段階の外部ダイアルでもブレーキ設定を変えることができますよ。

また、強い風のときに使うためのW(ウインド)モードが付いています。

これにより、バックラッシュトラブルを抑えるようになっているのです。

MGLスプールを採用!

このベイトリールのスプールには、MGLスプールを採用しています。

これまで技術的に難しいとされていたスプールの側面への穴開けに成功し、軽い回転の立ち上がりと低弾道を生み出しています。

伸びやかなルアーの飛びを期待できるでしょう。

スプールの直径は38ミリと大きく、幅は22ミリです。

カルカッタコンクエストDCには、マイクロモジュールギアが組み込まれているので、ローノイズで滑らかな巻き心地を体感できます。

クランクベイトやバイブレーションプラグ、スイムベイトなどの巻きモノルアーに対処しやすいでしょう。

ベアリング数は、ボールベアリングが12個でローラーベアリングが1個。

メーカー希望本体価格は、69,000円。

2019年3月に右巻きモデル、5月に左巻きモデルが発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング