ワーム 写真

ノリーズ・パドチューで冬のタフコンディンションを攻略しよう!おすすめはジグへッドセッティング!

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズから発売中の小型ワーム・パドチューを使って、冬バスを攻略してみましょう。

水温が下がると、なかなか口を使おうとしないバス。

そこにパドチューを投入して、微細なバイトを取ってしまおう!というアプローチを実践してきましたよ。

パドチューってどんなワームなの?基本スペックはこちら!

パドチューは、全長69ミリと小型のワームです。

中身が空っぽの中空状態なので、空気が入り込んで浮力が発生する特徴を持っています。

例えば、ダウンショットリグに組むと、ユラユラと中層で揺らめくようなアクションをしてくれますよ。

しかしここでは、あえてその中空部分にジグヘッドを入れて使うことにしました。

パドチューの体内にジグヘッドを挿入!

このワームのパドルテールの根元に、穴の入口があります。

そこからボディ内部へ向かって、ジグヘッドのウエイト部分を挿入していきますよ。

用いたのは、1/16オンスと1/8オンスのジグヘッドで、水深に合わせて使い分けてみました。

ロッドはミディアムライトのスピニングロッドで、ラインはフロロカーボンの4ポンドです。

冬に狙うポイントはココ!

パドチュー+ジグヘッドを、北風の当たらないエリアでキャストします。

底まで落ちていくのにかかる時間を計測しましょう。

着底すればラインにたるみが発生しますから、水面に着水してからたるみまでを計るのです。

当然短ければ水深は浅く、長ければ深いことになります。

パドチューのジグヘッドリグの操り方!

底に着いたジグヘッドリグを、今度はロッドティップを立てて小刻みにしゃくってください。

トントンと底を叩いているのが伝わってくれば、硬めの地質がそこにあることが分かります。

ヌルヌルと引っ張られるような感触なら、泥が多い地質かもしれません。

泥が残っているということは、水通しが悪いということ。

そういうポイントには、バスは居付きにくいのでパスするようにしましょう。

製品を使った実釣解説動画はこちら

パドチュー+ジグヘッドを、硬い地質の深場で踊らせてください。

冬の寒い時期は、北風などによって表層ほど水温が安定しません。

逆に深場ほど、水温が一定に保たれやすいので、バスが寄り集まっている可能性が高いのです。

できれば岸際に近いポイントで、より深いほうが、バスを保護する壁に囲まれた環境になるので、バイトを期待できるでしょう。

パドチューなら、スパイラルフォールでも誘えますし、左右へのダートアクションでもリアクションバイトが狙えます。

丁寧に底の変化を探りながら、一瞬のバイトを見逃さないようにしてください。

類似製品のご購入はこちら

ノリーズ(Nories) ワーム エスケープチビツイン 380 ダッピ.

ノリーズ(Nories) ワーム エスケープチビツイン 380 ダッピ.

最安値価格
¥770(amazon)

Amazonへ ¥770

Yahoo!へ ¥770

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング