バス ルアー 写真

スピナーベイトは釣れないルアーなの?特徴や使用するロッド・ラインを徹底解説!

FISHING JAPAN 編集部

スピナーベイトは釣れない!と苦手にしている釣り人が、結構多いですよね。

「だってあんな形のエサはいないじゃん!」

見た目をエサに似せて釣りたいのなら、エサ釣りをすればいいのです。

無理にルアーを使う必要はありませんよ。

ただし、スピナーベイトが何物にも似ていない!なんてことはありません。

バスのエサとなる小魚の、ある部分を引き出して表現しているルアーなのです。

スピナーベイトが釣れないと感じることを払拭しよう!

スピナーベイトは、いったい何に似ているのでしょう?

構成している各パーツに注目してください。

目玉の付いたヘッド部分にシリコン製のスカートが装着されています。

このスカート、水中ではしっかり流れをとらえて、生命感のある揺れを表現しますよ。

まさに小魚の群れの動きにそっくりではないですか。

ブレードの効果に注目!

アッパーアームには、2枚のウィローリーフブレードが付いています。

回転すると光を反射するフラッシング効果が得られますよ。

これぞまさに、小魚の群れがキラキラと輝く様子を表現できています。

スピナーベイトこそ、生命感そのものといえますね。

水を攪拌し押す力でバスに気づかせる!

ブレードの回転は、光の反射とともに、水を攪拌する働きも持ち合わせています。

それが周囲の水を押す力となり、バスにルアーの存在を気づかせる効果があるのです。

となれば、できる限り遠投して広範囲を探るのに、スピナーベイトを用いたいですよね。

そのためのロッドには、適度な張りとバスを弾かない柔らかさが共存していることが望まれます。

スピナーベイトに適したロッド・ラインとは?

スピナーベイトの遠投を考慮すれば、ロッドは6.4フィートから7.2フィートぐらいの長さが理想的でしょう。

そこにバスのバイトを弾かない「乗せ」の要素を加味したいものです。

スピナーベイトのヘッド部分が底に触れていることも感知したいですし、ブレードのブルブルとした回転も手元でとらえられるロッドを選びましょう。

スピナーベイトを操るのに適したラインは、フロロカーボン素材のラインです。

比重が高く自ら水中に沈もうとするラインですから、速やかにスピナーベイトを沈めて、何かに接触させることが可能になります。

カバーや地形変化に当たっても擦れに強いので、大胆に底を取りながらリトリーブできますよ。

実際にスピナーベイトで底を取って、バスをキャッチしている動画をご覧ください。

これでスピナーベイトは釣れないなんて、考えることはなくなるかもしれませんよ。

スピナーベイトで底を取ってバスをとらえた動画はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング