バス ルアー 写真

トップウォーターゲームを楽しもう!水面に浮かぶルアーを使ったバスの誘い方を完全マスター!

FISHING JAPAN 編集部

バスの顔つきを見てください。

大きなアゴに口、がっしりした骨格にひと際目立つ目玉が付いていますよ。

身体の上半分に位置して、しかも体側から飛び出しています。

こんなに大きく出っ張った目玉があれば、自分の位置より上に浮かぶ対象を、しっかり見つめることができるはずです。

バスの飛び出した目玉に注目!

バスの目玉がとらえやすい位置、つまりバスの視線上にルアーを持っていくことで、カンタンに見つけてもらうことができるでしょう。

それをイメージして作られたのが、トップウォータールアーです。

トップウォータールアーは、ほとんどが水面に浮き上がるほどの浮力を持っていますよ。

スミス(SMITH LTD) ノイジー キャタピー 14.5g 68mm クリームアゲハ #12

スミス(SMITH LTD) ノイジー キャタピー 14.5g 68mm クリームアゲハ #12

参考価格:¥1,446

Amazonへ

トップウォーターゲームは難しいものではない!

トップウォータールアーでバス釣りを楽しむことを、トップウォーターゲームと呼ぶことがあります。

バスとの駆け引きにゲーム性を見い出す釣り人が多いからでしょう。

しかしながら、ゲームほど複雑に入り組んだルールや取り決めがあるわけではありません。

「トップウォーターゲームはこうあるべき!」と声高に唱える人もいますが、もっと柔軟な姿勢で臨んでもらいたいものです。

水面だけでなく水中も使う誘い方をトップウォーターゲームで実践したい!

トップウォーターゲームでは、水面だけでなく水中も使う誘い方をしましょう。

ロッドを操作して水中に潜行していくルアーを選択し、キャストしてみてください。

具体的には、リップの付いたミノーやクランクベイトをおすすめします。

着水後、リトリーブを開始すれば一気にその場から潜り出すでしょう。

ルアー浮上時の大きな波がポイント!

水面からルアーが消えたら、リトリーブを止めてください。

しばらく経つと、ゆっくり浮き上がってきたルアーが水面に現れます。

まるで潜水艦が浮上したかのような、大きな波を伴なうでしょう。

この下から上へ浮き上がる動作+水面で起こす波の組み合わせこそ、トップウォータールアーの強みなのです。

水面付近の水の形を崩し、波動を起こすことで、バスは強い興味を持ってルアーを見つめることになります。

着水してからの潜行+浮上時の波動を引き金にして、トップウォーターゲームを組み立てるようにしてください。

ドックウォークやトゥイッチといった、ルアーアクションに頼ってゲームをスタートさせてしまうと、釣れない理由をそれらのせいにしてしまうかもしれません。

それでは最も大切な、着水時の丁寧な誘い方が損なわれるのです。

バスは常に水中から見上げていることを念頭に置いて、誘い方に気を配るようにしましょう。

HEDDON(ヘドン) ルアー ラッキー13 X2500GRA

HEDDON(ヘドン) ルアー ラッキー13 X2500GRA

参考価格:¥1,534

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング