ルアー 写真

エクスセンス クーに2019年追加カラーが登場!注目の狂鱗(キョウリン)ホログラムを採用!

FISHING JAPAN 編集部

多くのアングラーから支持を得ているシーバスルアー・エクスセンス クーに、2019年追加カラーが登場します。

リアルな鱗模様が際立つ、シマノオリジナルのカラーリング・狂鱗ホログラムが採用されていますよ。

その特徴と水中アクション動画、カラーラインナップをピックアップしてみました。

エクスセンス クーってどんなルアーなの?基本情報はこちら!

エクスセンス クーは、体長70ミリから190ミリまで設定されている、シーバス専用のペンシルベイトです。

本来シンキングペンシルがシーバス用として使われるケースを見ますが、このルアーはフローティング仕様ですから、リトリーブを止めると水面に浮き上がります。

水面直下20センチ前後を、効率よく攻めるのに向いているといえるでしょう。

エクスセンス クーに設定される狂鱗ホログラムカラーとは?

今回狂鱗ホログラムカラーが設定されるのは、体長70ミリモデルと100ミリモデルの2つ。

狂鱗ホログラムとは、ベイトフィッシュが持っている生命感を再現するために、1枚1枚の鱗をそれぞれしっかり輝かせる方式を採っています。

本物のイワシの鱗1枚のスケッチから、カラー開発は始まったとのこと。

ルアーをじっと見つめてからバイトしてくるシーバスが、目に浮かびますね。

水面直下に特化したルアー!

エクスセンス クーは、水深10センチから20センチ前後のレンジを攻略するために開発されたルアーです。

すなわち、水面直下に特化したルアーといえるでしょう。

リップが付いていませんから、強いウォブリングというよりはブルブルとボディを震わせる感じで泳ぎます。

製品の水中アクションシーンを収めた動画はこちら

フローティングルアーなのでシーバスが見上げることに!

このルアーはシンキングペンシルに似た泳ぎをしますが、フローティングなので水面に浮き上がります。

ということは、シーバスが下の層からしっかりルアーを見上げることになります。

シーバスが見ることにより、エサとして認識するでしょう。

まずは見せることが、とても重要なのです。

2019年登場の新製品のカラーラインナップはこちら

70ミリモデルと100ミリモデルに設定されるカラーは4種類。

●キョウリンボラカラー

●キョウリンイワシカラー

●キョウリンRHカラー

●キョウリントウゴロカラー

エクスセンス クーの狂鱗ホログラムカラーは、2019年1月に発売予定です。

製品のご購入はこちら

シマノ(SHIMANO) ミノー エクスセンス クー 100mm 10g ハデイワシキャンディ 02T XL-110P ルアー

シマノ(SHIMANO) ミノー エクスセンス クー 100mm 10g ハデイワシキャンディ 02T XL-110P ルアー

最安値価格
¥1,963(amazon)

Amazonへ ¥1,963

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング