バス 写真

バスブームは去ってもバス釣りを楽しむアングラーは大勢残っている!バスの習性を活かしたルアー作りを続けることで見えてくるものは何?

FISHING JAPAN 編集部

一時期のようなバス釣りブームは去りましたが、バスの釣り対象魚としての魅力は、今なお強く印象的です。

そしてそこには必ずルアーの存在があり、将来的にバス釣りが続いていくには、新しいコンセプトをまとったルアーの出現が不可欠でしょう。

まずは、バス釣りの楽しみ方をチェックしてみることにしましょう。

バス釣りを楽しむために釣れる場所を探そう!

バス釣りをおこなう場所として有名なのが、岸際に点在するカバーです。

カバーとは、障害物のこと。

折れ枝や冠水植物が、カバーを構築していますよ。

カバーが接点を生み出している!

カバーの存在が、陸生の小動物や昆虫と水面を交わらせることになります。

うかつに足を滑らせたら、真っ逆さまに水中へ投げ出されてしまいますよ。

水面をバタつく昆虫を、何度見かけたことでしょう。

それを好んで捕食するために、バスはカバーから離れない位置を自分のテリトリーにしていくのです。

バスはテリトリーを守ろうとする生き物!

誰しも自分のテリトリーは大切なもの。

その場所で捕食することを維持しなければならないわけですから、他の生き物の侵入を許すわけにはいきません。

そんな心境で過ごしているバスの元に、ルアーを放り込んだらどうなるでしょう?

バスの習性を活かしたルアー作りが繰り広げられてきた!

水中に潜んでいたバスが、投入されたルアーにあからさまな攻撃を仕掛けてきます。

そうです、捕食活動ではなく攻撃なのです。

テリトリー意識が強いゆえの、守るための攻撃を仕掛けてくるのが、バスの特筆すべき習性といえるでしょう。

まさにこの習性があるからこそ、バス釣りを楽しむことができているのです。

大胆にテリトリーを侵すものほど、水を押す力を制御しません。

強く水を押すルアーを投入するだけで、バスが興奮状態にシフトするのを見ても、この種の要素を的確にルアーに搭載することが、釣れるルアーを作り出すベースとなります。

今後どのようなルアーが現れるのか、バス釣りアングラーの期待に応えられる製品を、メーカーには望みたいものです。

ルアーの可能性を広げることが、バス釣りを未来に残すためには必要といえるでしょう。

水押しの強いおすすめアイテムはこちら

エバーグリーン(EVERGREEN) クランクベイト コンバットクランク シャローホグ 6.9cm 19g パンキンシードα #282 ルアー

エバーグリーン(EVERGREEN) クランクベイト コンバットクランク シャローホグ 6.9cm 19g パンキンシードα #282 ルアー

参考価格:¥1,104

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング