ルアー 写真

スティーズ ポッパーフロッグで流入河川のカバー周りを攻めてみよう!冬のバスが潜む意外なポイントに効果的!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされているスティーズ ポッパーフロッグで、冬バスが潜んでいるところを攻略してみましょう。

中空フロッグタイプといえば、夏場のウィードカバー周りでの使用をイメージしがちですが、実は冬に効果的に使えるポイントがあるのです。

その詳細や実釣インプレ動画をご紹介しましょう。

スティーズ ポッパーフロッグってどんな中空フロッグなの?基本スペックはこちら!

スティーズ ポッパーフロッグは、カバー攻略に活用するための中空フロッグです。

フックは、専用デザインのダブルフックで上向き。

ボディにハリ先が沿うようにセットされていますから、密集したカバーの中へも気軽に投入できますよ。

スティーズ ポッパーフロッグのウエイト・サイズをチェック!

ウエイトは2種類、65ミリで15グラムのタイプと、55ミリで10.5グラムのタイプ(=スティーズ ポッパーフロッグJr.)から選べます。

頭部先端が、カップ状になっていますから、前方にスプラッシュを飛ばすことができますよ。

これが通常の中空フロッグと異なり、アピール力が高い要素になっています。

カップ形状のメリットとは?

スティーズ ポッパーフロッグの口部分のカップ形状は、その場にとどまりやすい効果も兼ねています。

どうしても浮力が強くなる中空フロッグは、ドッグウォークをさせたときに水面を滑りがちになり、ミスバイトの要因にもなっていました。

このルアーなら、アクションに静と動をメリハリがあり、しっかり食わせたいときに静止させやすいのです。

製品のアクションシーンを収めた動画はこちら

冬バス攻略法はこちら!

さて、冬場におけるこのルアーの使い方をご紹介しましょう。

強くて冷たい季節風の当たる河川本流を避けて、支流や水路に出向いてください。

そこには折り重なって積まれたカバーが点在していますよ。

そういった複雑カバーには、冬バスが入り込んでいる確率が高いのです。

冬の強い季節風があったからこそ出来上がったカバーですから、それまでの季節には存在しなかったわけで、手つかずのビッグバスに出会えるかもしれませんよ。

実釣シーンを収めた動画はこちら

河川の支流や水路のカバーにスティーズ ポッパーフロッグを投入してみましょう。

水面に浮きながら、カバーを長い時間かけて攻めることができます。

水面で誘えるメリットは、潜んでいるバスに過度なプレッシャーをかけずに澄むこと。

寒くて活性の落ちているバスは、すぐにはバイトしてきませんから、長時間の誘いがプレッシャーになるようなアプローチは避けたほうがいいのです。

当然釣り人側の防寒も万全にして、風を避けられるポジションからルアーをキャストするようにしてくださいね。

製品のご購入はこちら

ダイワ (DAIWA) スティーズポッパーフロッグ

ダイワ (DAIWA) スティーズポッパーフロッグ

Amazonへ

「釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング