植物 写真

冬の池にぽつんと生えている水生植物を見つけた!冬の低活性バスを釣るにはどんなふうに活用してアプローチすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

水中の覗くと、冬になっても枯れていない水生植物を見つけることができます。

そこかしこに生えているわけではないんですよね。

冷たい水の中でも青々と繁っていられる理由を調べてみました。

水温がどんどん下がる冬の池!

冬に入って、どんどん水温が下がっていますよ。

岸際の木々は、葉を茶褐色に染めて散らしていますし、水面に広がっていた藻もなくなりました。

でも、水中の底付近に、ぽつんと生えている水生植物を見つけることが。

近くで詳しくチェックしてみましょう。

水温が水生植物の周りだけ高くなっているのは何故?

水温は11℃もあります。

他のエリアでは、10℃を下回っているところがあったのに、この水生植物の周りだけ少し温度が高いのは何故でしょう?

生き物の姿はほとんど見かけませんが、泡が定期的に噴き上がっていますよ。

帯水層から湧き水が噴出!

水生植物の山に近い側の底周辺から、泡がひんぱんに発生しています。

どうやら湧き水のようですね。

湧き水は、地下深くの帯水層に溜められます。

地下10メートルより深い帯水層なら、溜まった水は夏でも冬でも一定の水温を保つ特徴がありますから、どうやらそれが湧き水となって噴出しているのかもしれません。

小型ミノーやシャッドプラグの出番!

湧き水の水温が周囲より高いことで、小動物たちが集まる可能性が高まります。

そうすると、バスもそれらを捕食しにやって来るはず。

小型のミノーやシャッドプラグを使って、バスのバイトをしっかり拾ってみることにしました。

冬の冷たさの中ですから、そうカンタンには釣れないだろうと思っていたら、ぽつぽつとバイトが出始めます。

水生植物に引っ掛けてそのまま置いておくと、ルアーを持ち去るようなバイトが何度も発生しましたよ。

時間帯は、昼間の14時から16時にかけてがおすすめです。

陽が西に沈む前に、釣りを切り上げるようにしてくださいね。

水生植物の周囲で泳がせて誘うおすすめアイテムはこちら

メガバス(Megabass) ルアー X-80 TRICK DARTER(X-80トリックダーター) MG シークレットシャドウ 36053

メガバス(Megabass) ルアー X-80 TRICK DARTER(X-80トリックダーター) MG シークレットシャドウ 36053

最安値価格
¥1,679(amazon)

Amazonへ ¥1,679

楽天市場へ ¥1,708

Yahoo!へ ¥1,723

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング