ルアー 写真

冬バスをミノーで攻略するにはどうすればいいの?トゥイッチングやジャーキングを実践しても釣れないときの対処法!

FISHING JAPAN 編集部

細長くて小魚そのものに見えるルアー、その代表格ともいえるミノーは、バスの食い気を誘うのに欠かせないアイテムです。

使い方は、トゥイッチングやジャーキングを駆使して・・・とよく書かれているのですが、そういうアクションを加えてもなかなか釣れないときが。

冬ならなおさらです。

果たしてどんな場所でどんなふうに動かせばいいのでしょう?

自分に有効と感じる攻略法をピックアップしてみよう!

始めに断っておきますが、バス釣りに教科書はありません。

釣れたという過去のデータを集めて、こうではないか?と語られていることが独り歩きをしているケースが多々あります。

その中から、自分の釣りに有効かな?と感じるものをピックアップしていく必要があるわけです。

ミノーを操る場所を絞り込もう!

ミノーを漠然とトゥイッチングしても、そこにバスがいなかったら釣れません。

少なくともバスから見える範囲に、ミノーをキャストして着水させることが求められます。

春から夏にかけての暖かい季節なら、どこにバスがいても不思議ではありませんが、冬のような気温・水温の低い時期では、場所を絞り込む作業が要りますね。

トゥイッチングやジャーキングを実践するためには距離+スペースが必要!

画像のような季節風が強いときは、水面を覆うカバーに身を寄せるケースが考えられます。

トゥイッチングやジャーキングでは、アクションするための一定以上の距離とスペースが必要ですから、カバーにも長さ・広さがあったほうが、釣れる確率は上がるでしょう。

まずは風がカバーに当たっている面にミノーを着水させて、アクションを開始してください。

風に流された漂着先がカバーになるようにミノーの位置を操作しよう!

暖かいシーズンのように、バスが勢いよく飛び出してくることは、冬には期待できません。

ですからアクションを加えた後、キル=水面にそのまま静止させて漂わせる間を設けてください。

そのまま風に流されるかもしれません。

流された漂着先がカバーになるように、ミノーの位置をロッドとラインで操作しましょう。

こちらが加えるアクションで釣ろうとするのではなく、浮かべて流す位置でバスを誘いましょう。

そうしてカバーに漂着するまでのミノーの姿を、バスに凝視させるのです。

漂着したらしばらく静止、その次にやることは、ミノーのヘッドをカバーに擦り付けてはポコンと浮かせて、位置をキープし続けることです。

時間をじゅうぶんにかけて、バスがバイトしてくるのを待ってください。

待つことが主体の釣りになることを受け入れ、それを実践してみましょう。

寒い冬に集中力を切らさないためのおすすめアイテムはこちら

がまかつ ニットネックウォーマー F GM-9848 ブラック/レッド

がまかつ ニットネックウォーマー F GM-9848 ブラック/レッド

参考価格:¥5,875

Amazonへ

「釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング