水面 写真

水面に広がる濁りを味方につけよう!冬のバス釣りでポイントの絞り込みに迷ったときに濁りエリアを探してみよう!

FISHING JAPAN 編集部

雨が降ると、木の渋が流れ出したりして、水面の濁りが激しくなります。

冬枯れの落ち葉や風に舞った塵なども混ざると、かなり分厚い膜が水面にびっしり状態に。

これでは外気が触れることも難しいでしょう。

濁りの入った水面を真近でチェック!

実際の水面を、真近で見てみましょう。

膜が張っているのがお分かりでしょうか。

これが水中の生き物に影響を与えないわけがありません。

この水面の下にバスはいるの?

まずは、この直下にバスが潜んでいられるのか、ルアーを投入して調べてみます。

複雑な形状をしたワームやラバージグでは、着水して一瞬で膜のヌメリに覆われ、その機能をスポイルされてしまいます。

この水面をうまく擦り抜けるルアーが求められますね。

クランクベイトを選択して投入開始!

形状でいえば、クランクベイトのような流線型で凹凸の少ないフォルムが適しているでしょう。

一気に水面を突き抜けて、ボディを揺らしてヌメリを振り払い、中層から底付近を丁寧に誘いたいものです。

黒をベースにしたカラーでアプローチしてみると・・・

画像では、初期タイプのエバーグリーン・コンバットクランクの黒ベースカラーを使用しています。

発見してもらいやすいように、シルエットがくっきり現れるカラーを選択。

予想通り、濁りの真下にはバスが潜んでいましたよ。

水面が濁りでフタをされている状態は、酸素の供給が乏しい印象を持ちますから、バスはいないのではないか?と考えていましたが、実際は違うようですね。

もっと潜って深い層まで到達するクランクベイトに換えてみると、バスのサイズが上がりましたよ。

底周辺は起伏に富んでいて、バスが居付きやすい環境が整っていましたし、冬の寒さがビッグバスの居場所を深場に移してくれたのかもしれません。

それ以上に水面の濁りや膜が、直射日光を遮っているので、眩しさから開放されたバスが一時的に集まっていたとも考えられるでしょう。

この冬は、濁りを見つけたらパスせずに攻めてみることを実践してはいかがでしょうか。

水面の濁りや浮遊物を急速潜行でかわせるおすすめアイテムはこちら

エバーグリーン(EVERGREEN) クランクベイト ワイルドハンチ8フッター 6cm 16.5g ブラック&ブルークロー #85 ルアー

エバーグリーン(EVERGREEN) クランクベイト ワイルドハンチ8フッター 6cm 16.5g ブラック&ブルークロー #85 ルアー

参考価格:¥1,515

Amazonへ

DAILYランキング