アイナメ 釣り人 男性 釣り竿 写真

みちのくロックフィッシュゲーム攻略法を徹底解説!タックルは根ズレ対策が必須!?極寒の東北でこの時期だけのアイナメを狙おう!

FISHING JAPAN 編集部

冬を迎え、これから極寒期に突入する東北ロックフィッシュ。

東北のロックフィッシュと言えば、アイナメですよね!

そんなアイナメ狙いのポイント選びからタックルセッティングまで、極寒期に良型を狙う攻略法を詳しく解説していきましょう!

ポイント選びが重要!

まず、一番重要とも言えるのがポイント選びです。

この時期のアイナメは低水温ということもあり、ディープに落ちる個体が多く、少しでも深い場所を狙いたくなりますよね。

しかし、アイナメが落ちるとされる水深をショアから狙うのは、東北のフィールドでは中々厳しい為、越冬型と呼ばれる水深50cm~3mぐらいのシャローに残る個体を狙います。

バイトこそ少なく、個体数も少ないのですが、越冬型のアイナメは体力のある大型の個体が多いので、まさに一発良型狙い、といった釣りになります。

その為、狙う場所は前述の通り、50cm~3mのシャローのゴロタになります。

更に、そこに波を避けられるような大岩や沖テトラなどが絡むポイントが好ましいですよ。

使うリグと狙い方とは

ボトムの釣りがメインになるので、リグは、14gをベースに飛距離や風、波の強さで10~28gを使い分け、根掛かりの少ないテキサスリグやフリーリグを使います。

色々な狙い方がありますが、難しく考えずシンプルにリフト&フォールで、目で見えるストラクチャーや波を避けられるようなポイントがあれば、丁寧に狙い、探っていきましょう。

ワームは、この時期のメインベイトの甲殻類を模したワームを使いますが、カーリーテールやシャッドテールなどでも釣れますので、特に気にせず、各種、自分の信頼できる2~4インチのワームを使えば大丈夫です。

また、タフコンディションが想定されますので、ウォーターメロンやグリパンなどの地味目な色のワームを持っておくと良いでしょう。

私は実際、地味なカラーに助けられた経験が多々ありますので、必ず持って歩くようにしています!

何よりバイトが少なくなる時期です。

そんな時は、メンタルも大事になってきますので、信頼して投げ続けられるワームが一番釣れると思いますよ!

どんなタックルを使う?

タックルは、50cmを超えるアイナメが視野に入ってきますので、ヘビー、EXヘビークラスのロッドが好ましいでしょう。

オススメは、Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-810XHです。

商品はこちら

Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-810XH.

Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-810XH.

最安値価格
¥29,300(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥29,300

普段の1oz(28g)以上を使う磯ロックスタイルに比べて、比較的ライトなリグを操作しますので、強いロングスピニングがトラブルも少なく、釣りに集中できると思います。

また、根掛かりも多発する中、その度にラインシステムを組み直すのは正直大変です。

極寒の冬にはとてもじゃないですが組みたくありませんよね(笑)。

ですので、メインラインよりリーダーの強度を下げるようにセッティングを出します。

私の場合は、根ズレ対策と、絶対に掛けた魚を獲る為に、PE1.2号に20lbのフロロリーダーを2ヒロ程取ります。

これは、引っ張り強度は10lbもあれば充分なのですが、ストラクチャーをタイトに攻める事が多い事と、シャローという事もあり、やはり根ズレへの対策は必要以上に重要になるからです。

何より、ラインブレイクで魚の口に針を残したくないですし、貴重な冬の1本を逃したくないですからね!

極寒の東北で50upのアイナメを狙おう!

ザックリと駆け足で解説してきましたが、あくまで1つのパターンであり、引き出しの1つとして頭の片隅にでも入れてもらえれば幸いです。

これから春にかけてアイナメは個体数も少なく、バイトも少なくなってくるという、拷問とも言える釣りになり、ほとんどの方はシーズンオフになる時期ですね。

しかし、実はこの時期こそ、ランカーサイズと呼ばれる50upのアイナメが狙いやすくなる時期でもあります。

冬のアイナメは、人がやらない時期に通った者だけが出会える、最高の1匹です。

出れば、デカイ真冬のアイナメシャローゲーム。

釣り人の皆さんも、最高にシビれるアイナメを狙ってみてはいかがでしょうか?

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング