ヘッド 写真

ブレニアス エムシーヘッドを使って冬のチヌ釣りを楽しもう!年明けからトシナシサイズのノッコミが始まる!流入河川でどんな釣りをすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のブレニアス エムシーヘッドを使って、冬のチヌ釣りを楽しんでみましょう。

チヌは、オールシーズン釣りの対象として人気の高い魚です。

寒くなると活性が低くなると思われむがちですが、全くそんなことはなく、独自の動きを見せてくれますよ。

ブレニアス エムシーヘッドで攻略してみましょう。

ブレニアス エムシーヘッドってどんなヘッドアイテムなの?基本スペックをチェック!

ブレニアス エムシーヘッドは、チヌ釣り専用のヘッドアイテムです。

ここにフックを装着してワームをリグれば、キャストするだけでチヌ釣りが楽しめますよ。

設定ウエイトは、3種類。

7グラム・10グラム・13グラムから選んでください。

ブレニアス エムシーヘッドを使って底の様子を感じ取ろう!

軽いウエイトのほうが、底で根掛かる確率は低くなります。

しかしながら、底や障害物との接触によって跳ね上がりやすくなりますから、チヌの視野から外れることも考えられるでしょう。

そんなときは重いウエイトのヘッドを選ぶようにしてください。

重いヘッドなら広範囲を探れる!

ブレニアス エムシーヘッドの重いヘッドなら、遠投して広範囲を探ることもできます。

しかしながら、重いことで根掛かってしまうケースが多発するかもしれません。

あまりに底の変化が激しいエリアでは、軽いウエイトのヘッドで探るほうが、トラブルを防げるでしょう。

冬の1月ごろの潮にあわせて浅瀬に現れる大型チヌ!

チヌは冬の1月ごろ、潮の変化にあわせて浅瀬に乗り込んでくることがあります。

特にトシナシと呼ばれる大型チヌが、河川の奥深く、支流の汽水域ギリギリまで進入してくる姿を見かけますよ。

産卵ではないか?と推測する人もいれば、捕食のために入って来たのだろう!という人もいます。

かなり水深が浅いエリアなので、根掛からないように軽めのウエイトで攻めてみます。

季節風が強い日には、ヘッドが流されないように重めのヘッドに変えていきます。

製品の水中アクションシーンを収めた動画はこちら

ブレニアス エムシーヘッドなら、その形状から、底に張り付いている牡蠣ガラなどに引っ掛けて置いておくことが容易です。

フックとワームはその上で漂うわけですから、チヌのバイトをとらえやすい状態でアプローチできるわけです。

底付近をリトリーブしながら、引っ掛かりのあるところで止めては誘うことを繰り返してみてください。

タックルセッティングは、いつものチヌ釣りより強めのものを、ラインは太くロッドは硬く張りのあるものを用意して、大型チヌに対応できるようにしておきましょう。

製品のご購入はこちら

シマノ チニング クロダイ ジグヘッド ブレニアス エムシーヘッド 10g JH-210R 02T ラメラメグリーン

シマノ チニング クロダイ ジグヘッド ブレニアス エムシーヘッド 10g JH-210R 02T ラメラメグリーン

参考価格:¥623

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング