リール 写真

ダイワ2019年新発売のベイトリール・タトゥーラTW!最新動画をチェックしてさまざまな機能と要望をピックアップ!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワから新発売のタトゥーラTW、最新の動画がオープンになりましたね。

アメリカや日本で撮影されたときの使用感が語られていて、製品のクローズアップシーンも満載です。

早速チェックしてみましょう!

タトゥーラTWってどんなベイトリールなの?

タトゥーラTWは、ターンアラウンド式TWSを搭載したベイトリールです。

レベルワインド部分に注目してください。

ラインとの接触部分が大開口設計になっていて、キャスティング時に抵抗なくラインを放出できるようになっています。

このエポックメイキングな機能を搭載したリールが、2019年フルモデルチェンジを果たすのです。

進化の度合いを最新動画でチェックしてみましょう。

製品の最新デモンストレーション動画はこちら

タトゥーラTWのギア比は?

ギア比は3種類で確定のようですね。

6.3対1、7.1対1、8.1対1から選ぶことになります。

この3つで、ほとんどのバス釣りシーンをカバーできるように感じるのですが、他社リールと比べると少しもったいない印象が残ります。

もっと低いギア比や、もっと高いギア比にチャレンジできなかったのでしょうか。

もう一段階低いローギアの設定は必要ない?

タトゥーラTWのギア比に、もう一段階低いローギア、例えば5.0対1くらいのモデルも追加して欲しかったと考える釣り人は多いでしょう。

現在の釣りシーン、バス釣りはもちろんシーバス釣りにおいても、ビッグスイムベイトやジョイントベイトの使用頻度が格段に上がっているからです。

「ハイギアでもその辺のルアーならカバーできるよ!」と言う人もいますが、スローリトリーブを長時間こなすには、ギア比が低いほうが扱いやすいと感じている人もいるはず。

将来的に追加ラインナップとして選択できるようになれば嬉しいですね。

スーパーハイギアにもチャレンジして欲しい!

ギア比といえば、8.1対1より上は、もう有り得ないのでしょうか?

11対1くらいまでなら十分可能なイメージはありますが、耐久性や具体的用途の面でまだ製品化は難しいのかもしれません。

でも、それをタトゥーラTWで最初に実現してくれたら、ユーザーは新たなエポックメイキングに歓喜するに違いありません。

2019年リリースのタトゥーラTWには、ゼロアジャスターの搭載は確定のように見えますね。

それから何と言っても、徹底したコンパクト化が印象的です。

これだけパーミングしやすいロープロファイルデザインに変えてくれたら、一日の釣りが疲れず快適におこなえるでしょう。

巻き心地等を実際に体感したいですから、2019年のフィッシングショーが待ち遠しいですね。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング