ルアー 写真

バンタム ラウドノッカーを使ってバス釣りを楽しもう!チュピッ・コンッと音を発しながらの首振りアクションが印象的!

FISHING JAPAN 編集部

バンタム ラウドノッカーは、シマノからリリースされているペンシルベイトです。

春から秋にかけて、広範囲に散っているバスを探すのに適したルアーといえるでしょう。

往年のアメリカンルアー・ヘドンザラスプークが、そういう使い方をして効果を発揮してきましたから、このペンシルベイトを投入するシーンに悩むことはなかったですね。

バンタム ラウドノッカーってどんなペンシルベイトなの?基本スペックはこちら!

バンタム ラウドノッカーは、全長110ミリで自重20グラムのトップウォータープラグです。

当然フローティング仕様で、水面に浮くようになっていますよ。

細長いフォルムですから、実際にキャストすると驚くほど飛距離を稼いでくれます。

バンタム ラウドノッカーが飛距離を伸ばせる要因は?

このペンシルベイトが飛距離を伸ばせるのは、形状以外にもうひとつ大きな要因があります。

指でつまんで前後に傾けてみると、コンッ!コトッ!と金属同士の干渉音が最後尾から聞こえてきますよ。

実はここに、ウエイトボールが3つも入っているのです。

ウエイトボールがラトルボールの役割も兼任!

バンタム ラウドノッカーのウエイトボールは、最前部のものが隣り合う磁石に吸い付けられるようになっています。

でも、キャストのときは、遠心力によって後部へ寄せられる重心移動システムの一役を担っているのです。

そして着水後は、最前部と後部のウエイトボールの間を、3つめのボールが行き来するようになり、そのときに発する干渉音がバスを引き寄せる効果を持っています。

音の効果も併せ持つ持つスプラッシュカップ!

その音の効果は、ウエイトボールによるものだけではありません。

頭部アゴ下に注目してください。

出っ張りがありますが、これをスプラッシュカップと呼んでいて、着水時に水をカップ部分で前方に飛ばせるようになっています。

製品の分かりやすい解説動画はこちら

バンタム ラウドノッカーのスプラッシュカップは、ポッパーのカップほども水飛沫を飛ばせるものではありません。

でも、その控え目なスプラッシュ音は、チュピ!という小魚が水面を飛び出す音に似ているのです。

バスが捕食対象である小魚の発する音を、聞き逃すはずがありません。

接近してきたバスをバイトまで持ち込むための、食わせ要因になっているように感じますね。

冬にこのペンシルベイトを使うときは、急深エリアの真上や、そういうエリアに隣接した垂直岩盤エリアやカバーエリアでキャストしてみてください。

トップウォータープラグが冬でも効くことを体感できるかもしれませんよ。

製品のご購入はこちら

シマノ ルアー バス ノイジー バンタム ラウドノッカー 110mm 20g ZH-211P 283 クロームシャッド

シマノ ルアー バス ノイジー バンタム ラウドノッカー 110mm 20g ZH-211P 283 クロームシャッド

最安値価格
¥1,425(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,628

Yahoo!へ ¥1,425

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング