山肌 写真

冬の山肌を眺めて生えている木々の変化を見つけよう!変色しているエリア周辺の水域には子バスが集まっているかも!

FISHING JAPAN 編集部

冬に入ってから山肌を眺めてみると、緑一色というわけにはいかなくなっています。

木々の種類や日照・風の当たり方によって、さまざまな変色が見られますよ。

色だけではありません。

実際に枯れ落ちて、木の外観が変わってしまっているものもあります。

水面ばかりを見つめるのではなく周囲の変化に気づくようになろう!

バス釣りをしていると、どうしても水面に視線が行きがちになります。

しかしながら、バスのその日の動向を知りたければ、周囲の環境の変化に気づかなければなりません。

どのような変化がバスに直接影響を与えるのか、じっくり考えてみましょう。

冬ならではの枯れ葉に注目!

例えば、画像のような枯れ葉。

これは春から夏にかけては、ほとんど見かけなかった変化です。

冬の寒さでこの状態になり、水面に落ちるようになります。

小魚や甲殻類などが集まる要因になっているかも!

枯れ葉自体には生気は感じられませんが、そこに小動物が付いているかもしれません。

また、枯れ葉に付着したものを食べに、水中の小魚や甲殻類・昆虫たちが集まる可能性もあるのです。

真っ白な子バスが釣れた!ということは・・・

試しに、枯れ葉の存在する真下へルアーを投入すると、真っ白に体色が変化した子バスが釣れました。

冬の寒さでこのような変化が起きているのでしょうか。

子バスが近寄っていたということは、大型のバスも周囲にいるかもしれません。

捕食対象が少なくなると、バスは共食いを始める傾向があります。

本来なら夏くらいに盛んになるのですが、冬の子バスを大型バスが襲うケースも見られます。

ルアーの形状やボリューム・カラーなどを子バスに似せたものを、枯れ葉エリアで操ると、思わぬ好釣果に出会うこともあるでしょう。

もしバスカラーのルアーをあまり使ったことがないのなら、この時期にキャストしてみることをおすすめします。

効果的なバスカラーを施したおすすめのアイテムはこちら

メガバス(Megabass) New SR-X GRIFFON(ニューグリフォン) GG バス 34188

メガバス(Megabass) New SR-X GRIFFON(ニューグリフォン) GG バス 34188

最安値価格
¥1,763(amazon)

Amazonへ ¥1,763

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング