水面 枝 写真

冬のバス釣りでメタルジグをマスターしたい!どんなことに気をつけて釣りを展開すればいいの?ポイント選定と音の活用法をチェック!

FISHING JAPAN 編集部

冬の極寒期に差し掛かってきました。

ここまで季節が進むと、バスの居場所も絞り込みやすくなります。

底付近の一箇所に集まって、越冬しようとしているケースがほとんどでしょう。

そういう場所を見つけるためには、何から始めたらいいでしょうか。

画像のような、岸際で深さのあるポイントが、とても重要になってきますよ。

冬バスは底付近に集まっている!

冬のバスは、底付近にまで落ちています。

それを見つけるのに、まずは水深の深いエリアを見つけましょう。

およそ見当がつくのは、水の色でしょう。

濃い緑色をしているところがあれば、実際にシンキングのルアーやオモリなどを沈めて、水深を測ってみてください。

最大水深が7メートルの池なら、4メートルもあればじゅうぶんバスが溜まっている可能性がります。

そういう水深で、なおかつボートやカヤックを係留できる障害物のあるところを探してください。

ボートやカヤックの係留を優先しよう!

画像のような折れ枝があるところなら、係留するのに便利でしょう。

ここにボートやカヤックをつなぎ止めて固定してしまうのです。

厳寒期は季節風も強烈ですから、釣り人自らが流されてしまっては釣りになりません。

深場の真上付近にある障害物に、流されないよう固定してください。

メタルジグで攻略!音を気にしたことはある?

使うルアーの定番は、やはりメタルジグでしょう。

ただし、あまりウエイトの軽いものは要りません。

底にドスンと勢いよく落として、トンッ!と音が底で響くくらいの重さが欲しいですね。

結んでいるラインにもよるのですが、9グラム以上の重さのあるメタルジグなら、底質の硬いポイントなら、音を立てて底を叩けていると考えてください。

これがバスを引き寄せる引き金となるでしょう。

画像のように、沈んだ枝を引っ掛けてしまうこともありますが・・・。

ルアー釣りに妄信は禁物!

メタルジグは、フラッシングによるリアクションで釣る!という人がいます。

その意見がほとんどでしょうし、それに反対する気はさらさらありません。

ただ、たったひとつの要因だけで、バスがルアーに食い付いている!とは考えないでほしいのです。

でなければ、「このルアーでなきゃ釣れないっ!」みたいなノリに陥ってしまいますからね。

メタルジグの効能は、フラッシングと音、それからボディシルエットに波動でしょうか。

まだまだ他にもあるはずです。

これからの冬の釣りの中で、ひとつずつ見つけていきたいですね。

そのためには、バス釣りに出かけなければなりません。

寒いほど危険の増す水辺ですが、防寒対策をおこないながら、冬にしかできないバス釣りを実践してみてください。

それが必ず、次の春や夏のバス釣りに、活きてくるはずですから。

実釣で使用したおすすめのメタルジグはこちら

ノリーズ(NORIES) メタルジグ メタルワサビー 18g カメヤマワカサギ BR-262 11402

ノリーズ(NORIES) メタルジグ メタルワサビー 18g カメヤマワカサギ BR-262 11402

参考価格:¥728

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング