ルアー 写真

小粒でよく飛ぶBreniousライズポップ50Fを実釣で使ってみた!チヌはもちろんバス釣りにも効果的なトップウォータープラグ!

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされているBreniousライズポップ50Fは、チヌをターゲットにしたフローティングポッパーです。

このコンパクトサイズならではの効果を、実釣で体験してきましたよ。

チヌばかりでなく、バスの反応も良かったですよ!

Breniousライズポップ50Fってどんなポッパーなの?基本スペックはこちら!

Breniousライズポップ50Fは、チヌ釣り専用らに作られたポッパーです。

全長は50ミリとコンパクトでありながら、自重はしっかりと7グラムもあります。

スピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでも十分にキャストできました。

Breniousライズポップ50Fには頭部にバブルチャンバーを搭載!

お気に入りでよく使ったカラーは、画像のパールシュリンプカラー。

遠投しても着水した先で見つけやすく、スプラッシュを飛ばした後もすぐに発見できるカラーです。

頭部のバブルチャンバーからも、くじらのように水飛沫を上げるので、コンパクトながらも集魚力が高いことに驚かされます。

直進性が安定している!

Breniousライズポップ50Fを使ってみて、直進性が安定していると感じます。

これだけコンパクトなボディなのに、ロッドアクションに対して首振りをしようとするのではなく、前進しようとするのです。

ということは、扇状に首振り=ドッグウォークするのではなく、一定の幅の中を直進し続けるイメージで使えることになります。

チヌのついばみバイトに有効!

チヌ釣りにおいて、左右に首振りをしないルアーはとても有効です。

チヌのバイトが口先でついばむようなものが多いですから、左へ行ったルアーが急に右へ流れると、ミスバイトにつながってしまうのです。

その点このポッパーなら、チヌが後追いしてきたベクトル上から外れないので、確実に食わせることが可能になるでしょう。

日射しが直接当たっているエリアよりも、日陰と混ざり合っているエリアのほうが、バイトは多かったですよ。

Breniousライズポップ50Fの直進安定性は、実はバスにも効果的です。

バスのバイトはチヌと違って、対象を吸い込むケースが多いのですが、コンパクトフォルムで直進性が高ければ、容易に吸い込むことが可能になります。

しかもポッパー音に強弱を付けやすい構造をしているので、バスが接近してきたのを見計らって、チュピチュピと極小さな音に切り替えることもできます。

誘いと食わせを両立させている完成度の高いポッパーとして、もっと多くの魚にも試してみたくなりますね。

製品のご購入はこちら

シマノ ルアー チニング クロダイ ポッパー ブレニアス ライズポップ 50F 50mm 7g OP-150Q 11T パールシュリンプ

シマノ ルアー チニング クロダイ ポッパー ブレニアス ライズポップ 50F 50mm 7g OP-150Q 11T パールシュリンプ

最安値価格
¥1,462(amazon)

Amazonへ ¥1,462

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング