ルアー 写真

バンタム リップフラッシュ115FMDは積極的に潜らせて浮かせるミノー!フローティング仕様であることを最大限に活用しよう!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のバンタム リップフラッシュ115FMDは、フローティングに設定されたミノーです。

バス釣りに使うミノーを探している釣り人にとって、サスペンド=浮くことも沈むこともせず一定層でとどまる仕様のミノーは、やや見飽きた感がありました。

サスペンドでなければバスは釣れないの?という疑問に、明確な答えを提示してくれたアイテムといえるでしょう。

バンタム リップフラッシュ115FMDってどんなミノーなの?基本スペックをチェック!

バンタム リップフラッシュ115FMDは、全長115ミリで自重14グラムのミノーです。

やや長めのリップが前方に突き出しているので、通常のショートリップミノーより潜行深度が深くなりますし、鋭く潜り込むことができます。

イメージとしては、移動距離短く、最深設定の水深まで潜れる感じでしょうか。

バンタム リップフラッシュ115FMDはフローティングモデル!

このミノーは、フローティング仕様です。

つまり、潜行させて放っておくと、自ら水面まで浮上してくれるわけです。

この下から上への動き、バスが猛然と反応してくれる動きに直結しています。

下から上へ浮き上がっていくものに対するバスの反応がスゴイ!

重くて比重の高いものを、上から下へ沈めてもバスは反応するのですが、下から上へ浮き上がっていくものに対する反応と比べたら、全く異なるレベルであるといっていいでしょう。

バンタム リップフラッシュ115FMDの狙いは、まさにその部分にあったのではないかと感じてしまいます。

それほどに、浮き上がりを重視したアイテムは少なく、特にユラユラと揺れながら水面まで浮上していくアクションを見たときには、よくぞここまで考慮して作れたものだと感動すら覚えました。

人気のスミスウィック・ログのベースもフローティングモデル!

よく釣れると評価され続けている、アメリカ・スミスウィック社のログにも、ややロングビルなリップでフローティング仕様のものがあります。

他の仕様ではバスが釣れないとき、そのモデルにローテーションしただけで、バスが湧いてくるように釣れた経験がありましたから、是非日本製のルアーでもそういう側面を煮詰めたアイテムが登場して欲しかったのです。

製品の水中アクションシーンや分かりやすい解説動画はこちら

バンタム リップフラッシュ115FMDを使って、冬のローテンションなバスをヤル気にさせたいものです。

水面まで浮き上がらせて、水面に出切る直前のバイトを取れるようになれば、フローティングミノーの強みを実感できたことになるのではないでしょうか。

製品のご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング