釣り人 男性 クロダイ タモ 埠頭 青空 写真

クロダイ釣り王者決定戦「AWARD 2018」が大阪湾で開催!今年のKing of Kings は一体誰の手に!?釣りプロ審査員から速報をお届けします!

FISHING JAPAN 編集部

毎年10月、大阪湾にて、全国のクロダイ落とし込み釣り大会の優勝者たちが集合し、個人戦のトップを競うのが、AWARD決勝大会です。

今年は、北港スリットで開催され、南は博多から、広島、神戸、大阪、名古屋、関東、北は秋田まで、各方面トップの選手達が釣り上げたクロダイの総重量で、その年のKing of Kings を決定します。

トップレベルの落し込み師たちが繰り広げるこの大会は、シーズン1年の締めくくりとして広がり、定着してきました。

そんな全国の釣り人から注目される大会の様子を、ぜひご紹介したいと思います!

スリットを下見して、アタリを読む

北港スリットは、クロダイの型・数ともに期待できる、全国でも有数の落とし込みの釣り場です。

まだエサのイガイも残っているので、大型のクロダイが釣り上げられる大会となることは、間違いありませんでした。

決勝大会の舞台となったのは、手すり面とヤイタ面の2面でした。

いずれも、大型のクロダイの実績が高いポイントです。

大会2日前、取材でスリットを探り歩きましたが、かなりキビレも多く、時間帯や風、濁りなどを考えながら望むことが大切だと感じました。

取材時は、イガイ一本のエサでクロダイを釣り上げましたが、状況が変われば、カニエサやアオコガネなども用意しておく方が良い時もあります。

ベタ凪、干潮時、潮が澄み切っている時などに効力を発揮することがあるからです。

また、スリットのマスによって、アタリが少ない所と多い所と、かなり極端に差が出る場合があるので、下見釣行などで、どのマスに魚が多いのかをあらかじめ確認しておきましょう。

今回、私は審査員という立場で、選手たちの釣り方を見ていましたが、やはり地元で直近の釣果を熟知している選手は有利だと思いました。

狙いどころは、柱周りと奥壁が中心

キビレと釣り分けるためには、あらかじめ下見などでクロダイが多いポイントと、キビレの多いポイントを確認しておくと良いでしょう。

大会は朝から昼までで、午前中は波気も無く、風も当たっていませんでした。

その日の風向き、潮位を頭に入れて、潮の濁りを見ながら、クロダイの多いポイントを中心に探って行きます。

選手たちはレーダーと呼ばれるヤイタ面で降りて、競技が始まると、ほとんどの選手たちが手すり面を目指して、釣り始めました。

私は、前々日の取材で、ヤイタの奥と手すりの先で年無しを上げていたので、そのポイントで勝負が決まるだろうと内心思っていました。

ヤイタにいた私は、いくつかのマスの中で大型のクロダイが泳いでいるのを見ていました。

マスの中は、少し濁りが入っていました。

ポイントは日々変わる

最近、実績の高かった手すりと第1コーナーの間よりも、ポイントが少し変わり、レーダーから手すりの手前のポイントでクロダイが上がりました。

ヤイタ面は、5名ほどの選手が探っていましたが、やはり先頭を釣っていた選手が、奥壁、柱裏を中心に大型のクロダイを3枚釣り上げ、優勝しました。

カニエサやアオコガネは不発だったようで、基本は、イガイの1~3枚がけ、ヘチ釣りが多かったようです。

タナは、1ヒロからマスの底手前でした。

流れを読んで、自分流の釣りをしよう!

結果は、25名中、11名が計19枚のクロダイを釣り上げました。

年無しも出たようです。

この日の状況はそんなに良くはなかったようですが、一般的には、釣り人のプレッシャーがかかった大会では、数は出ないことが多いですね。

数人で釣り歩いた方が、総枚数も出ることが多いのです。

しかし、全国各地の釣り人は、各人の仕掛けやオモリ使い、ヘチ、目印釣りと個性が出ていて、見ているだけで楽しかったです。

狙いどころも、柱前の深ダナを探ったり、キザミながらエサを止めてアタリを待っていたりと、各人各様のテクニックが見られました。

毎日変わる釣り場の状況を如何に読むか…。

分析力、想像力、洞察力などが必要になりますね。

同じ状況は二度無いということを頭に入れて、釣り人の皆さんも、自分なりの釣りをつくっていって下さいね!

チニング」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

DAILYランキング