リール 写真

スコーピオンDCを実釣で使ってみた印象は?DCブレーキを搭載したコストパフォーマンスモデルの実力をチェック!

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされているスコーピオンDCは、DCブレーキシステムが装着されたベイトリールです。

他のDCブレーキ付きリールと比べて、かなりコストパフォーマンスの高いモデルといえるでしょう。

実際に使ってみたインプレッションといくつかの要望点をピックアップしてみました。

スコーピオンDCってどんなベイトリールなの?基本スペックはこちら!

スコーピオンDCは、自重215グラムの海水対応可能なベイトリールです。

主にバス釣り用として使われていますが、バックラッシュトラブルを軽減できるところから、強風下の海釣りロックフィッシュゲームなどでも利用されるようになっています。

ベイトリールは、その構造上の問題から、バックラッシュトラブルとは縁深いのですが、このリールに関してはかなり改善されているのです。

その理由は、ブレーキシステムにDCブレーキ・I-DC5を採用しているからでしょう。

DCブレーキシステムの解説動画はこちら

スコーピオンDCにはDCブレーキシステムを搭載!

DCブレーキシステムは、ブレーキ力の強弱を内蔵されたマイコンで意図的に制御するようになっています。

本来釣り人の親指がおこなっていたことを、コンピューターでコントロールしてしまおうというわけです。

スプール部分の内側に基盤等がセットされていて、キャスト時のスプール回転によって発電し、あらかじめプログラムされた制御動作が実行に移されます。

実釣に使ってみた感想は・・・

スコーピオンDCを使ってみたいと決めたのは、これまでほぼハイエンドモデルにのみ装着されてきたDCブレーキシステムが、どんなふうに味付けを変えて搭載されているのか、体感したいと思ったからです。

そして実釣を繰り返してみました。

アンタレスDCなどと比較しても、バックラッシュトラブルは見事に抑えられています。

本当にこれがコストパフォーマンスモデルなのか?と疑うほどの安定感なのです。

軽いルアーをキャストすることも可能!

重くて大きいバスも何度となく掛けましたが、バス釣り用リールとしての機能で不便に感じることはありませんでした。

それならと、どれくらい軽いルアーまで対応できるのか試してみたのです。
高比重ワームのノーシンカーリグや小型スプーンであれば、4グラム前後までは普通にキャストできてしまいます。

確かにサミングのタイミングは早めにプログラムされている感は強いですが、飛距離を伸ばしたければ腕をしっかり振ってキャストすれば済みました。

スコーピオンDCのスプールを、リールの上方向から見下ろしてください。

左右のスプールエッジが肉厚で、ラインを目いっぱい巻いた状態でも触れることができます。

つまり、DCブレーキに頼りながらも、自らの親指によるサミングも、とてもやりやすい仕様になっています。

かなり完成度が高く、長く使い続けたい人にはおすすめできるベイトリールでしょう。

ハンドル回転の滑らかさや、魚とのやり取り中にクラッチに触れて切れてしまうミス操作が気になりましたが、それらはハイエンドモデルが解消している事案です。

あくまでもこのコストパフォーマンスを維持することを考えれば、必要十分でしょう。

DCブレーキの恩恵をひとりでも多くの釣り人に体感してもらいたい!というメーカーの狙いが、はっきり表れている名機だと感じます。

製品のご購入はこちら

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 スコーピオン DC

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 スコーピオン DC

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング