落ち葉 写真

強い季節風の影響で水面が落ち葉だらけに!吹き寄せられた落ち葉カバーを利用して冬のバス釣りを楽しんでみよう!

FISHING JAPAN 編集部

強い風が吹き荒れると、木の枝に残っていた葉が飛び散って水面に落ちてきます。

それが浮かんでいるだけでなく、風下に吹き寄せられて堆積しますよ。

水面がチラリとしか見えない即席のカバーのできあがりです。

水面が落ち葉でフタをされてしまった!

強い風は、急に気温が上がったり下がったりしたときに発生しやすく、冬の代名詞ともいわれています。

その影響で画像のように水面が落ち葉で覆い尽くされるような状況も生まれるわけです。

まるで水面を落ち葉でフタしてしまったような感じですね。

この状況、バス釣りに活かせないはずがありません。

太陽光をコントロールしてくれる落ち葉カバー!

即席で出来上がったカバーとはいえ、太陽光からの眩しさを遮断してくれます。

にも関わらず、太陽光からの熱量は落ち葉の表面を温めてくれるので、水温上昇のきっかけを作りますよ。

しかも冷たい風が吹くようになっても、落ち葉がバリケードの役目を果たして、水温が下がりにくくなります。

落ち葉カバーを壊さずにバスを釣るにはどうすればいいの?

それならとルアーを投入するわけですが、せっかくできた落ち葉カバーを、派手に壊したくはありません。

でも、生命感溢れるアクションをして、バスに気づいてもらわなければ、釣ることは難しいでしょう。

1枚の葉よりも小さなルアーをチョイス!

その2つを両立させるために、小さめのトッフウォータープラグを使います。

1枚の葉よりも小さいサイズにすれば、葉と葉の隙間にきっちり浮かぶことができますよ。

しかもそのスペースを利用して、金属プロップを回転させることも可能です。

金属プロップを水中に浸けて回転させる、シングルスイッシャータイプのトップウォータープラグを投入してみると・・・来ました!体高のある元気なバスが食い付いてくれましたよ。

釣るためのコツは、やはり落ち葉カバーを壊してしまわずにアプローチすること。

ルアーにはさまざまなサイズが用意されていますから、こういうときこそうまく活用したいものです。

実釣で使用したおすすめアイテムはこちら

スミス(SMITH LTD) スイッシャー ヘドン タイニートーピード 1-7/8インチ 4.90cm 1/4oz 7g Gフィニッシュ シャッド GBSD ルアー

スミス(SMITH LTD) スイッシャー ヘドン タイニートーピード 1-7/8インチ 4.90cm 1/4oz 7g Gフィニッシュ シャッド GBSD ルアー

参考価格:¥1,393

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング