ルアー 写真

バンタム チャグウォーカーを使って冬のバス釣りを楽しもう!寒い季節にトップウォータープラグを用いる理由とは?

FISHING JAPAN 編集部

シマノ バンタム チャグウォーカーは、シマノがリリースしているフローティング仕様のポッパーです。

これを使って冬のバス釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう。

また、ルアー製作時に込められたコンセプトや、操り方の解説動画も一緒にご覧ください。

シマノ バンタム チャグウォーカーの基本情報!

シマノ バンタム チャグウォーカーは、全長62ミリで自重8グラムのポッパータイプのトップウォータープラグです。

名前の中に含まれているチャグというのは、チャグ音のこと。

バスが小魚などを襲って捕食するときに発生する音を指しています。

ということは、このポッパーは捕食音を出してバスを誘うことができるのです。

シマノ バンタム チャグウォーカーでチャグ音=捕食音を作り出してみよう!

捕食音を聞かされると、バスはこんなふうに思うのではないでしょうか。

「おや、誰か近くでエサにありついたな。オレはまだお腹を空かせてるっていうのにっ!」

自分も捕食したい!いったいどこにエサがあるんだ?

そういう興奮状態に持ち込めるのが、チャグ音を奏でるポッパーの役割ということでしょう。

おすすめのポイントは冬ならではの落ち葉+垂直岩盤エリア!

シマノ バンタム チャグウォーカーを画像のような冬の落ち葉いっぱいの場所で、操ってみましょう。

岸際は垂直岩盤という硬い地質になっています。

チャグ音が鳴れば、そこに反響して周囲に広がりやすいかもしれませんし、敷き詰められた落ち葉がバスの視野を奪い、焦りを生むかもしれないのです。

これは落ち葉が存在する冬しかできないアプローチといえるでしょう。

製品の開発コンセプトを解説した動画はこちら

バスのテンションが次第に上がっていく!

焦りは、動くものに対して敏感に反応する状態に、バスを変えてしまうでしょう。

「何かそれらしきものを見つけたら、我先に食いつかなきゃ!他のバスに奪われてしまうぞ!」

ここまでバスのテンションが上がってくれたら、落ち葉に埋もれてアクションさせただけで、食い付いてくれるかもしれませんね。

製品の動かし方を解説した動画はこちら

シマノ バンタム チャグウォーカーなら、移動距離を抑えてドッグウォークなどのアクションを繰り出すことができます。

腹部のフックアイは、ボディから離れて下方にぶら下がっているので、冬のショートバイトにも対応可能です。

もそもそと落ち葉の中を動いては静止させ、スプラッシュを飛ばしたりチャグ音を発生させたりしながら、水面までバスを誘い出してみましょう。

製品のご購入はこちら

シマノ ルアー バス ポッパー バンタム チャグウォーカー 62mm 8g ZH-106P 280 イエローボーン

シマノ ルアー バス ポッパー バンタム チャグウォーカー 62mm 8g ZH-106P 280 イエローボーン

参考価格:¥840

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング