ウィード 写真

水面を漂うウィードを見つけたらどうすればいいの?冬バスの居場所を探るヒントをウィードが持っているかも!

FISHING JAPAN 編集部

カヤックやボートで冬の池に浮かんでいると、水面を漂うウィードを見つけることがあります。

気になったので取り上げて観察してみることにしました。

元々は池の底に生えている植物ですから、水中の様子を知る手がかりが刻まれているかもしれません。

水面に漂うウィードを取り上げて細かくチェック!

デッキの上にウィードを乗せて伸ばしてみました。

あまりに長いので、U字ターンさせて同じ長さに揃えましたよ。

画像の向こう側が水面に近くに生えていた部分で、手前が底に近い根の部分。

明らかに色が違いますし、触感も根に近いほうが軟らかく傷んでいる様子でした。

水面に1本しか漂っていないということは・・・

根に近い部分が傷んでいたので、池の底から切り離されてしまったのでしょう。

水温の低下でウィードが枯れてしまうことは、冬になればよくあることです。

でも、この1本だけしか見かけないということは、他のウィードはそのまま底付近に生え続けていることになりますよね。

そこなら小魚や甲殻類も集まってくるはずで、冬バスもいるかもしれません。

底に生え残っているウィード探しをスタート!

さっそくウィードを探してみることにしました。

水面にぽつぽつと、いくつものウィードが露出しているエリアがあります。

その数が、沖のほうへ向かうにしたがって減っていき、ついには無くなってしまいました。

もしかすると、ウィードの全長が底から水面にまで達していないのかもしれません。

ルアーを使ってウィードの有無を確かめてみましょう。

ウィードに適度に絡むルアーを投入してみよう!

ある一定の水深まで潜るルアーを選びます。

でも、引っ掛かりにくいものでは、ウィードの有無は分かりません。

かといって、いきなりウィードを引き抜いてしまうような、ボリュームのあるルアーも適していないでしょう。

そこで選んだのは、水深2.5メートル前後まで潜ってサスペンドしてくれるシャッドプラグです。

底までは到達しませんが、ウィードの先端付近には引っ掛かってくれそうですし、スリムなボディにリーフリップが付いているので、ウィードを丸ごと引き抜いてしまうことはほぼないでしょう。

実際にシャッドプラグをキャストして、リトリーブを開始。

手元に重みを感じたり、ロッドティップが曲がったら、リトリーブを止めます。

それを繰り返しているうちに、ひんぱんにウィードの切れ端を拾うポイントを見つけました。

そのままシャッドプラグをキャストして、今度は長めのポーズを入れるようにします。

中層に置いておくイメージ、ウィードに抱きとめてもらう感覚でしょうか。

明確にアタリが伝わってきますから、それを感じてからフッキング。

連発でバスが釣れるようなら、見つけたポイントは大当たりということになります。

ウィードは点在していることが多いですから、ひとつのポイントを攻めてアタリが遠退いたら、別のポイントを探すようにしましょう。

実釣で使用したおすすめアイテムはこちら

JACKALL(ジャッカル) シャッド ソウルシャッド SP 9.0g 68mm サイト時雨ライムチャート

JACKALL(ジャッカル) シャッド ソウルシャッド SP 9.0g 68mm サイト時雨ライムチャート

参考価格:¥1,662

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング