バス ルアー 写真

冬バスも捕食のために移動するはず!バスが好んで移動する先はどんなポイントなの?薄い藻の張ったカバーをチェックしてみると・・・

FISHING JAPAN 編集部

冬になれば、バスの居場所は自然と深い層に切り換わります。

ただし、バスはそこで冬眠しているわけではなく、これまで通り生きていますよ。

お腹が空いたら捕食を始めるわけですが、身の回りに食べるものがなかったら、移動することを決断します。

冬のバスも捕食のために移動する!

移動するといっても、春や夏のように活発に動き回るわけではありません。

画像のような何もない水域を、バスが悠々と泳ぐことはほとんどないでしょう。

では、どこへ向かって移動するのでしょうか?

バスはどこへ向かおうとするの?

バスが向かう場所は、やはり水温の高いポイントでしょう。

そこには、捕食対象である小魚などの小動物がいる可能性が高いからです。

では、どうやって水温の高いポイントを見つけ出せばいいのでしょうか?

いちいち水温計を水中に放り込んで計測するのもたいへんです。

水中のカバーに薄っすらと藻が張り付いていたら・・・

そこで実践してもらいたいのが、水面近くにある折れ枝などのカバーを見ること。

もし、カバーに薄っすらと藻が付着していたら、太陽光がよく当たっている証拠になります。

当然水温は高く、小動物が存在する確率は高くなるでしょう。

水がよく動いているポイントがおすすめ!

ただし、あまり藻が濃くなり過ぎているポイントは、おすすめできません。

何故なら、適度に水が攪拌されていないからです。

水が動いていないところには、小動物もバスも集まりにくいですからね。

薄く藻が張っているカバー回りで、バスが入ってくるのを待つことにしましょう。

そこに最初からバスがいてくれたら都合がいいのですが、そこまで自然は釣り人のほうを向いてくれてはいません。

条件の良いポイントなら、必ずバスのほうからやって来てくれる!と決め打ちして、待つことを選択するのも冬のバス釣りでは重要なのです。

ルアーをポイントにキャストして待つのなら、ラバージグやダウンショットリグにセットしたワームがおすすめ。

でもそれだと釣れるバスのサイズが大小入り混じってしまいますから、フローティングのスイムベイトやトップウォータープラグをカバー回りで漂わせて、入って来たバスに襲わせるのがいいでしょう。

時間のかかるアプローチですから、防寒着でしっかり身を固めてくださいね。

カバー回りでスローに漂わせるのにおすすめのアイテムはこちら

ティムコ(TIEMCO) ミノー ロンサムドリフター 10cm 9g ゴーストオイカワ #07 ルアー

ティムコ(TIEMCO) ミノー ロンサムドリフター 10cm 9g ゴーストオイカワ #07 ルアー

参考価格:¥1,705

Amazonへ

DAILYランキング