ルアー 草 写真

スイレンやハスが冬枯れの水面に残っている!冬の水草カバーを活用してバスを釣るにはどうすればいいの?常駐していないバスが立ち寄るタイミングをチェック!

FISHING JAPAN 編集部

冬になると、水面を覆っていたヒシモなどの藻は、ほとんど枯れてしまいます。

残るのは、水生多年草であるスイレンやハス。

それらもいよいよ茶褐色に変色してきましたが、太い茎に支えられてしっかりカバーを形成していますよ。

スイレンやハスに冬のバスは付くの?

日射しを浴びながら水面に漂っているスイレンやハスに、冬のバスは付くのでしょうか。

試しにクランクベイトやワームのテキサスリグを放り込んでみましたが、バイトはありません。

だからといって、ここにはいない!と断定するのは早計でしょう。

縦方向のカバーはバス釣りに有効なはず!

池に根を張っているこの水草は、水面と底を確実に繋いでいます。

こんな立派な縦方向のカバーは、この季節には稀な存在ですから、バスが立ち寄らないはずがありません。

そんなふうに想定して、バスがここに入ってくるタイミングを推し量ります。

風や日照を絡めてみよう!

まず、風は必要でしょう。

流されまいとして、カバーに近寄ろうとするバスの習性を幾度となく見ていますから、風の吹くタイミングでルアーを投入してみます。

それから、日照。

この水草に直射している状態なら寄るのか、それとも曇っているから寄るのか、双方のタイミングを試さなければなりません。

時間と手間のかかるアプローチですが、冬のバス釣りはオンシーズンほど忙しくはないですから、丁度いいかもしれません。

使うルアーはどんなものがいいの?

水草の真横で静止しながら誘えるルアーがマッチするでしょう。

そこで用意したのが、ゼンマイでテールフィンを動かし続けるトップウォータープラグです。

古くはアメリカのルアーに起源があり、現在では国産のものが市場に出回っています。

キャストした勢いでゼンマイが巻かれ、着水と同時に動き出す仕組みになっています。

このアプローチで、バスが複数匹釣れましたよ。

サイズは30センチ前後と、あまり大型ではありませんが、群れで動いていたのか我先にバイトしてくるシーンは圧巻でした。

冬ならではのポツンと残った水草にも、バスを釣るためのヒントが隠されていたようです。

こういう発見があるから、バス釣りは魅力に満ち溢れているといえるのです。

冬の冷たい水草を掴んでチェックできるおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング