バス 写真

小春日和にディープからシャローへ乗り込んでくるバスがいる!冬直前に実践したい『待ち』の釣り方を徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

冬を直前にして、少し暖かさが戻るタイミングがあります。

いわゆる小春日和に遭遇したら、バスがシャローエリアに出てきてカバーを物色し始めますよ。

そんな状況下で、どうやってバスを仕留めるか、詳しくご紹介しましょう。

寒さで一旦ディープに落ちたバスが再びシャローに上がってくるケースとは?

バスが一旦冷えて見限ったはずのシャローエリアに出てくるとき、効率よく捕食対象を探そうとします。

地形変化に沿ってディープからシャローに到着し、そのまま居座ることは、ほぼありません。

活発に動きながら、さまざまなポイントをチェックし続けますよ。

岸際で枝を伸ばす木々に注目!

釣り人としては、視認しやすい岸際にバスが現れてくれることを期待しますが、寒さがそれを許しません。

ではどこに現れるのか?

画像を見てください。

手前には緑色の濃い葉が繁った木々が生えていて、奥に向かうほど葉が散り枝のみの状態になっています。

手前と奥で異なるわけです。

水中の底付近の様子をイメージしよう!

その真下にある水中をイメージしてください。

葉が全て落ちた木々の下には、それらが数多く降り積もって、底に変化を与えているでしょう。

緑色の葉が残っている木々の下には、さほど降り積もっていないので、底は土面が露出していて変化に乏しいかもしれません。

ルアーを先に浮かべてから入ってくるバスを待つ!

ディープからこのシャローエリアへ進入してくるであろうバスの頭を踏まないために、釣り人のポジションは岸際ピッタリにします。

そしてルアーを、底に複雑な変化が存在するであろうポイントに投入して、静止させておくのです。

シンキングルアーで変化のど真ん中に置くのもいいでしょうが、それでは1匹のバスしか釣れません。

フックが2つ以上付いているフローティングルアーを選んで、ポイントの水面に浮かべてみましょう。

実際によく釣れるのは、2種類の異なる底の境目です。

片方に降り積もった葉や枝が、小規模ながらも段差を作り上げて、小魚や甲殻類などが集まるのを助けているのかもしれません。

まず子バスがやって来て捕食活動をします。

水面のフローティングルアーに気づいたら、周囲に浮いてくることが。

少しアクションを入れると噛みに来たりしますが、フッキングはしないでください。

ルアーと子バスによって起きる水面の波が、複雑かつ長時間になればなるほど、ビッグバスの興味を引き付ける対象となります。

ビッグバスが近づく前に、子バスがフックに掛かってしまうかもしれませんが、2つ以上フックがぶら下がっていれば、空いているほうのフックに期待しましょう。

リールハンドルを回すのは、ビッグバスが食い付いてから。

それまでは凧揚げの凧を操るように、子バスがじゃれついてくるのを相手してください。

極寒の日なら到底できるアプローチではありませんが、小春日和ならトライしてみる価値はあるでしょう。

もう一度言いますが、カバーに最初から付いているバスを狙うのではありません。

環境の変化によるバスの移動を予想して、待ちの釣りを展開するわけです。

風が吹くだけでもバスは移動しますから、向かう先をイメージしながら釣りを組み立ててみることが大切です。

フローティングルアーを静止させるのに効果的なおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング