リール 写真

タトゥーラTWのジャパンモデルがいよいよ動画で明らかに!2019年新型リールを大胆予想!19タトゥーラに期待するスペックをピックアップ!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワ独自のTWS機能を搭載したベイトリール・タトゥーラが、2019年に新しい姿を見せてくれそうです。

すでにアメリカ市場では、新しいモデルがリリースされていますよ。

そのままのスペックで日本市場にも現れるのでしょうか。

現行タトゥーラ登場時の感動が忘れられない!

現行タトゥーラは、ベイトリールの操作において最も大きなトラブルを生む、バックラッシュを徹底的に抑えてくれた名機です。

Tシェイプのレベルワインドが、クラッチのON・OFF操作に応じて半回転するようになっていて、幅の広い部分を通ってラインが放出されると、驚くほどスムーズに飛距離を伸ばしていきます。

最初にその機能に触れたときの感動きは忘れられません。

まさにエポックメイキング、このリールを機にベイトリールは新しい時代に踏み出したのです。

タトゥーラTWの最新動画をチェック!

現行タトゥーラの気になる点をチェック!

その現行タトゥーラにも、気になる点がいくつかありました。

まず、大きいということ。

レベルワインドをターンアラウンドさせるスペースを考慮すれば、それは仕方なかったのかもしれません。

でも実釣で使い続けていると、どうしてもその大きさがパーミングをぎこちないものにし、手首の稼動範囲を制限するきっかけになっているように感じていました。

大きくて重かった現行モデルをどう改善するの?

もうひとつ、現行タトゥーラの気になる点は、重いということ。

自重225グラムが重過ぎるということではありませんが、他メーカーのリールと比較してもロープロファイルモデルの中では、重い部類に入るでしょう。

これも手首や肘・腕への負担を考えたら、軽量化の道を模索してもらいたいと思える要因になっていました。

アメリカ市場ですでにリリースされている新型を見てみると・・・

アメリカ市場でリリースされている新型タトゥーラでは、この2点が見事に改善されているようです。

とても小さなフォルムは、パーミングのしやすさを生んでいますし、自重も200グラムを切った設定になっていて、理想通りの進化を遂げているといえそうですね。

アメリカ市場の新型タトゥーラには、もうひとつ大きな機能が付加されています。

それは従来のメカニカルブレーキに代わる、ゼロアジャスターという機能。

外観はメカニカルブレーキよりも小さく、ブレーキをおこなうのではなく、スプールを支えるのみになっているようです。

スプールの回転制御は、マグネットブレーキに全て対応させるということでしょう。

機構のシンプルさは扱いやすさに直結しますから、これがベイトリールの正常進化なのかもしれませんね。

予想通りのスペックで、2019年のバスフィッシングシーンを支えてくれることを期待します。

アメリカ市場に投入されたタトゥーラの動画はこちら

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング