茎 写真

冬の寒さのせいでヒシモの葉が落ちてしまった!池の底に残っている茎と根を利用してバスの居場所を探すにはどうしたらいいの?

FISHING JAPAN 編集部

水面いっぱいに葉を広げていたヒシモも、冬を迎えるとともに葉を落としてしまいます。

残ったのは太めの茎と、浮力の強いスポンジ状の膨らみ。

バスの姿は、水面には見られません。

やはり底付近に落ちているのでしょうか。

底にはヒシモの茎や根が残っているはず!

ヒシモは基本的に、水面に葉を出して底に根を張れるところに生育します。

冬枯れしたように見えても、底付近には茎や根が残っていて、来年また水面まで伸びてくるようになっています。

ということは、その残った茎や根に、バスも残っているかもしれませんね。

ウィードガード付きのラバージグを投入して残った茎・根を探してみよう!

ウィードガード付きのラバージグを用意して、残った茎・根の位置をチェックしてみましょう。

ロッドティップが、ぐ~んと重くなり、何かに引っ掛かった感じになれば、茎・根の可能性が高いですよ。

発見してすぐに釣れることも!

引っ掛かっても大きく動かさず、ラバージグを茎・根に持ってもらうイメージで、そのままにしておきましょう。

そうすることで必要以上に茎・根を引き千切ることを防げますし、バスを驚かせることもなくなります。

茎・根の生えている境目を探そう!

カンタンにバスが食い付いてくるケースもありますが、なかなかアタリがないことも。

そんなときは、ラバージグをゆっくり横移動させて、茎・根の生えている境目を探してください。

もうこれ以上移動したら、何も生えていないよ!というポイントに、ラバージグを置いてみましょう。

いきなりアタリがあるかもしれませんので、集中してフッキングする準備をします。

ラバージグの自重は、重過ぎないほうが横移動させやすいので、13グラム前後を目安に選びましょう。

茎・根が途切れる境目は、地質が岩であったり、そこから急に深くなるブレイクラインだったりします。

そういうポイントには、バスが寄り付きやすいですから、じっくり時間をかけて攻めるようにしてください。

枯れてからも、バスの居場所を教えてくれるヒシモに感謝ですね。

実釣で使用したおすすめアイテムはこちら

issei 一誠 AKラバージグ 13g issei AK Rubber Jig

issei 一誠 AKラバージグ 13g issei AK Rubber Jig

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング