リール 写真

水面に白い被膜が張っているような状態でバスを釣るにはどうすればいいの?リールに巻いたラインが汚れても気にせず攻めよう!

FISHING JAPAN 編集部

画像のように、リールのラインがみるみる汚れていくような水の状態に遭遇したことはありませんか?

池や湖の水面に被膜のような汚れが満ちているのを見て、

「これじゃあ釣る気分にならないよぉ、、、」

と落胆する人は多いでしょう。

秋から冬にかけて、水面の汚れに出会ったら、どう対処すればいいのでしょうか。

こんなに水面が汚れていたら釣れないんじゃないの?

広い範囲に渡って、水面が固着したように汚れています。

試しに指を突っ込んでみると、白い被膜のようなものが付いてきますよ。

ニオイはしませんが、リールに巻いたラインがすぐに汚れてしまいます。

白い被膜は、他の浮遊物もがっちり掴んでいるように見えますね。

あれ?何か動いている!

水面と大気を遮断しているように見えるので、この被膜のあるエリアでは魚は釣れなさそうに感じてしまいます。

でも、よく観察してください。

ところどころで被膜に散らばる落ち葉が動いていませんか?

ブルーギル発見!

落ち葉を動かしている正体は、ブルーギルでした。

トップウォータープラグをキャストして、動かさずにしばらく置いておくと、付属のスカートを引っ張りに来ましたよ。

どうやらこの被膜エリアにも、魚はいるようです。

トップウォータープラグを使って攻略開始!

詳しく観察して判明したのは、被膜にとらえられた他の浮遊物には、落ち葉だけでなく虫も混じっていたということ。

それを捕食しにブルーギルや小魚が集まっていたのです。

それなら、その小魚たちを狙ってバスが近寄っていても不思議ではないでしょう。

ブルーギルや小魚に似せた小型のトップウォータープラグを、被膜へキャストします。

派手にドッグウォークアクションなどをすると、水をかき回して濁らせてしまうので、落ち葉に寄り添うようにして、落ち葉が揺れる程度のアクションを繰り返します。

時おり静止させると・・・チュプッ!と吸い込まれるようにトップウォータープラグは水中へ消えていきました。

やはりバスはいましたよ!

状況を壊さずにうまく利用しながら、ターゲットをとらえてみましょう。

実釣で使用したおすすめアイテムはこちら

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 スコーピオン DC

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 スコーピオン DC

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング