バス 写真

冬の寒い時期にバスを釣るにはどうすればいいの?定番の池底を叩くアプローチ以外におすすめの攻略法とは?

FISHING JAPAN 編集部

冬が近づいてくると、釣り場全体が寒さに覆われるようになります。

気温の降下とともに、水温もどんどん下がり始めます。

こんな状況でバスを釣るには、どうすればいいのでしょう?

池の底近くの水温は寒さの影響を受けにくい!

寒くなると、目に見える植物が次々に枯れていきます。

そこには生命感がなく、バスのエサとなる小動物の存在も見受けられません。

やはり底近くの水温が安定したところに、皆で移動してしまったのでしょうか。

定番アプローチは有効!でもそれ以外にバスを釣る方法は?

確かに、寒い時期の定番アプローチとして、メタルバイブレーションなどを用いた底周辺を叩く釣りは有効です。

バスも数多く集まっていますから、数釣りができるときもありますよ。

池の最も深い場所を重点的に探ってみましょう。

リフト&フォールや、底から離れないリトリーブスピードで誘うと、好結果に結び付くかもしれません。

太陽光が当たっているエリアに注目!

底の釣りを徹底するのも楽しいですが、実は寒い時期でも浅瀬に出張ってくるバスがいるのをご存知ですか?

朝から日中にかけて、ずっと太陽光が当たっているエリアは、水温が上昇します。

また、冷たい北風が直接当たっていないエリアも、水温の低下を免れるでしょう。

この2つの要素が重なる場所は、池のどの部分になるか考えてみてください。

風が頭の上を通り過ぎていく北岸を狙ってみよう!

太陽は、東から昇って南の空に傾斜しながら西へ沈みます。

その間ずっと日照を受け続けているのは、池の北岸エリアでしょう。

また、北風が吹けば、その風下は南岸になります。

冷たい風は、北岸の頭の上を通り過ぎていくだけなのです。

寒い時期でも温かくなる2つの要素は、池の北岸に集中していることになります。

それを頼りに、浅瀬を攻略しやすいトップウォータープラグとクランクベイトで攻めてみましょう。

ひたすらアクションさせるのではなく、静止ポーズを必ず入れて、バスを引き寄せるようにしてください。

水温がしっかり温められた、お昼以降に釣り場へ向かうと良い結果に恵まれるかもしれませんよ。

寒い時期の防寒おすすめアイテムはこちら

エバーグリーン(EVERGREEN) B-TRUE ビーニー フリースinニットワッチ フリー バーガンディ

エバーグリーン(EVERGREEN) B-TRUE ビーニー フリースinニットワッチ フリー バーガンディ

最安値価格
¥5,170(amazon)

Amazonへ ¥5,170

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング