水面 岸辺 写真

減水で水位が下がっているときにやれることって何?木の生えている根元をチェック!来シーズンにも活かせる情報収集を兼ねたバス釣りを展開しよう!

FISHING JAPAN 編集部

冬を迎えるこの時期、雨量が減るとそれに合わせて水位も下がります。

池干しを小規模でおこなう池もありますから、減水気味な状況に出くわすケースが多いでしょう。

当然こういうタイミングでしか出来ないことをやっておくと、来シーズンの釣りに必ずプラス効果が表れます。

池の減水時にやっておきたいのは・・・

減水時にやっておきたいのは、岸際まできっちり木が生えているエリアのチェックです。

近寄ってみると、何やらモワモワしたものが乾燥状態で横たわっています。

結構な範囲に広がっていますよ。

根が水中にまで伸びているという事実!

実はこれ、木から伸びている根なのです。

水位があるときは、完全に水中にまでその先を伸ばしていたことになります。

軟らかくて折れにくいし、なかなか千切ることも難しそうですね。

バスが好む複雑なカバーを作り出している根!

この根の存在が、満水時には複雑な水没カバーを作り出しているのは間違いなさそうです。

まさにバスが好んで居付きそうなカバーですから、意図的に根を探してみるのも効果的かもしれません。

そこに根があればバスもいるはず!という推測を立てて、釣りを展開してみましょう。

シンキングバイブレーションで根の有無をチェック!

まず、水中のどこまで根が伸びているか確認しなければなりません。

木が生えている岸辺と平行に、ルアーをキャストしてトレースします。

3.5グラム前後のライトテキサスリグで、変化を感じ取りながら探るというのが、トラブルも少なく済みそうです。

でも広範囲を短時間で探るのには不向きでしょう。

そこで小さめ+軽めのシンキングバイブレーションを使ってみました。

キャストしてリトリーブ、何かに触れたらロッドティップを縦方向に振り上げて、引っ掛かるのを防ぎます。

もし引っ掛かっても無理矢理外そうとせず、そのポイントの真上まで移動して丁寧に外します。

そのとき、巻き取るラインの量から水深を推し量るのです。

何度もバイブレーションが引っ掛かるようなら、かなり濃く根が水中に張り出している可能性があります。

そういうポイントでは、トップウォータールアーのポッパーを使用してください。

ある程度水深があっても、表層までバスを誘い出せるチカラを持っていますから、丁寧にスプラッシュを飛ばしながらポーズを入れてみてください。

水中のカバーに触れたことが伝わりやすいおすすめアイテムはこちら

モーリス(MORRIS) フロロカーボンライン ノガレス デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト 100m 20lb ナチュラル

モーリス(MORRIS) フロロカーボンライン ノガレス デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト 100m 20lb ナチュラル

参考価格:¥1,140

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング