ロッド 写真

渓流 清瀬は2018年新発売の小継延べ竿!渓流のヤマメ・イワナ・アマゴはもちろん川の小物釣りに最適!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2018年新発売となる渓流 清瀬は、渓流はもちろん川に棲む魚を対象とした小継ぎタイプの延べ竿です。

仕舞寸法が53.6センチにも縮められますから、持ち運びにとても便利ですね。

その特徴について詳しくチェックしてみましょう。

渓流 清瀬ってどんな延べ竿なの?基本スペックはこちら!

渓流 清瀬は、渓流釣りで使うための延べ竿として作られていますが、釣り場を選ばずにオールラウンドに使うこともできます。

小継ぎ仕様になっているので、通常の延べ竿よりコンパクトに縮められますよ。

それにより携帯性に優れ、険しい渓流までの道を歩くときに便利です。

サイズは3種類、4.30メートル・5.25メートル・6.19メートルの中から選べます。

渓流 清瀬は7:3調子!パワー・操作性・感度を重視!

この延べ竿は、7:3調子に仕上げられています。

パワーと操作性、それから感度を重視して作られているのです。

尺超えの大物が掛かったときでも、安心して対応できるでしょう。

メガトップ穂先を搭載!

渓流 清瀬には、メガトップ穂先を搭載しています。

感度と食い込みに優れていて、強度も備えているカーボンソリッドの穂先です。

大胆に操作しながら、魚を引き寄せる醍醐味を味わってください。

50センチ1節分が伸縮するマルチレングスを採用!

この延べ竿には、マルチレングスを採用しています。

ポイントやその状況に合わせて、2通りの長さで使い分けができるようになっていますよ。

50センチ1節分が、伸縮するようになっています。

2018年新発売の製品ラインナップとスペック表はこちら

渓流 清瀬長さ(m)継ぎ数仕舞寸法(cm)自重(g)適合ハリス(号)マルチメーカー希望本体価格(円)
硬調 43M・Y4.30953.6880.2-0.843-3812,500
硬調 53M・Y5.251153.61250.2-0.853-4814,200
硬調 62M・Y6.191353.61670.2-0.862-5717,500

渓流 清瀬は、2018年11月に発売予定です。

付属品として、竿袋やコンパクトハードトップカバーが付いています。

常にクルマに積んでおいても、全く収納スペースを取らないのが嬉しいですね。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング