トンボ 写真

自然の中に身を委ねるために釣りをしてみよう!さまざまなシーンや生き物に触れることで本来の自分を取り戻すきっかけになるかも!

FISHING JAPAN 編集部

釣りをするために山あいの池や湖へ足を運ぶと、さまざまなシーンや生き物に出会います。

我々の便利な日常の中では、決して交わることのできないものばかり。

これら貴重な体験は、何を伝えてくれているのでしょう。

秋も半ばを過ぎるとさまざまな変化が!

秋も半ばを過ぎました。

そろそろ肌寒くなってきて、葉の色が赤く染まり始めています。

赤といえば、トンボが羽根を傷めて水面に落ちているシーンをよく見かけるように。

そのまま放っておけば、カメやカエル、バスやギルに食べられてしまいますよ。

トンボやカマキリが水面に落ちてもがいているシーンに出くわすことも!

トンボだけではありません。

カマキリもこの季節になると、足を滑らせて水面を漂うことが。

釣り用のランディングネットをグリーンカラーにしておくだけで、驚いた素振りを見せずにそこにつかまってくれます。

虫を助けた行為は自然に逆らっている?

そのままにしておけば、他の生き物のエサになります。

それを救った行為は、もしかすると自然の順当な流れに逆らっているのかもしれません。

もっと言えば、本来ここに居るはずのない人間が、たまたま釣りという趣味を持ったことで、流れに分け入ってしまっている、つまり邪魔な存在なのかもしれないのです。

あえて釣りをしない時間を設けてみたら・・・

トンボとカマキリは、季節の移り変わりを伝えてくれました。

目を木々に向けても、そのことを知るサインはあちこちにあります。

釣りをしに来ていながらも、釣りをしない時間を設けてみることは、とても大切なことなのです。

それによって、人間も自然の一部であることを実感できるはずですから。

現代社会に過ごす我々は、自らの存在価値を他人の評価に委ねている面があります。

その傾向があまりに強いと、自らの存在意義を見失ってしまうでしょう。

そうならないために、もしくは本来の自分を取り戻すために、時おり自然の中に立ち返る習慣を身につけてみてはいかがでしょう。

そのためのきっかけが、釣りであってもいいんじゃないでしょうか。

自然の変化をとらえるためのおすすめアイテムはこちら

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

参考価格:¥46,250

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング