バス ワーム 写真

高比重ワームを使ってバスが居る層を探り当ててみよう!秋の水温低下でバスの居場所が分からなくなったときの対処法!

FISHING JAPAN 編集部

秋のバス釣りは、下がり始めた水温にどう対処するかで釣果が大きく変わってきます。

外気によって表層から順に冷やされていくので、バスがその冷たさを嫌い、居場所が底に近づいていきますよ。

バスが一気に底ベタまで落ちてくれたら、底の釣り方にシフトすればいいのですが、実際はそうカンタンにはいきません。

バスの居る水深が分からない・・・

池や湖の全域で一斉に水温が下がることはないので、各エリアごとに低下の進行はまちまちです。

その影響を受けて、バスの居る水深もバラバラ。

こんなとき、どうすれば効率よくバスの反応をチェックできるのでしょう?

水面から底までの間でバスにしっかりルアーを見せようと思ったらどうすればいいの?

水面から底に至るまでの間、バスにしっかりルアーを見せようと思ったら、シンキング仕様のものを選ぶことになります。

バイブレーションプラグやスピナーベイト・ラバージグなど、さまざまな種類がありますが、ここでは高比重タイプのワームを使ってみました。

高比重ワームを選択する理由とは?

高比重ワームを選んだ理由は、着水してからの沈み方にあります。

ワームの姿勢が水平を保ったまま、ユラユラと揺れながら沈下してくれるので、どの層にバスが居ても気づいてもらえると判断したからです。

実際に試してみることにしましょう。

縦方向に伸びているカバーに沿って高比重ワームを落とし込んでみよう!

画像のように、枝が水面に突き刺さっているところを探しましょう。

その突き刺さりの角度が、水面に対して垂直に近ければ、縦方向にカバーが伸びていることになります。

それに沿って、高比重ワームを落とし込んでみましょう。

底に着くまでラインを送りながら何秒かかるか計りつつ、バスのバイトを待ち構えてください。

送っているラインが急に止まったり、ラインがピンと張って左右に走り出したら、バスが食い付いた証拠です。

そのときの経過時間が何秒だったか記録しておき、バスが居る水深の見当をつけるのです。

最初は子バスの相手を数多くすることになりますが、釣れた水深と場所のデータを集めて、最も反応の多かったエリアを重点的に攻めるようにしましょう。

高比重ワームのボリュームやシルエット・カラーなどを変えながら、釣れるバスのサイズアップにつながる要素を見つけ出してください。

実釣で使用したおすすめアイテムはこちら

スミス(SMITH LTD) ワーム ゲーリーヤマモト イモグラブ 60mm 約8.5g ブルーギル(スモーク/ブルー&ブラック&ゴールドフレーク) #214 ルアー

スミス(SMITH LTD) ワーム ゲーリーヤマモト イモグラブ 60mm 約8.5g ブルーギル(スモーク/ブルー&ブラック&ゴールドフレーク) #214 ルアー

最安値価格
¥968(amazon)

Amazonへ ¥968

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング