ルアー 写真

好評のジミーJに2018年追加カラーが5種類登場!細かいウォブリングアクション+首振りもこなす極小クランクベイト!

FISHING JAPAN 編集部

小粒で可愛い!と好評のクランクベイト・ラインスラックのジミーJに、2018年追加カラーが登場します。

バスはもちろん、ブルーギルや管釣りトラウトにも効果的なアイテムですよ。

その特徴や実釣インプレ動画、製品カラーラインナップをご紹介しましょう。

ジミーJってどんなクランクベイトなの?基本スペックはこちら!

ジミーJは、極小サイズの落花生型クランクベイトです。

全長なんと3センチで、自重は3グラム。

ベイトタックルではちょっと厳しいので、クローズドフェイスリールやスピニングリールにナイロンラインを巻いてキャストしてみましょう。

ジミーJは細かなウォブリングアクションが得意!

このクランクベイトは、通常のラウンドタイプでもフラットサイドタイプでもありません。

まるで落花生のように中央がくびれているので、独特の細かなウォブリングアクションと水押しを繰り出します。

小動物が水面でもがく様子を忠実な再現してくれるので、バイトが面白いように続きますよ。

複数の凹み=ディンプル加工が表面に!

ジミーJの表面を見てください。

ゴルフボールのように複数の凹み=ディンプル加工が施されています。

これにより、しっかりと水をつかみ、揺り動かすことができるのです。

凹みごとに細かな波が発生するところをイメージしてください。

まさに生命感の塊ですよね。

製品の実釣インプレ動画はこちら

水平アイ仕様のフックアイ!

このクランクベイトのフックアイは、お腹と最後尾に2つ付いています。

そのどちらも、水平アイになっていますよ。

こうすることで、そこにぶら下がるフック同士が絡み合うのが抑えられ、フッキング率が高まります。

2018年の追加カラーラインナップはこちら

ジミーJには、5種類の追加カラーがラインナップされます。

●ナチュラル(マット)カラー

●スプラッターピンクカラー

●虫カラー

●ウォーターメロンカラー

●グローキャスパーカラー

急に寒さが増すこれからの季節でも、タフな状況をジミーJなら解消してくれるかもしれませんよ。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング