バス ルアー 写真

海釣りで使うショアスロー専用ジグを活用してバスを攻略しよう!日中のタフタイムを楽しむための秘策とは?

FISHING JAPAN 編集部

日中、青空が広がるような晴天では、なかなかバスが釣れないですよね。

太陽光が眩しいのか、それとも日中は食い気がなくなってしまうのか、釣れない理由をあれこれ考えてしまいます。

なんとか攻略できないものでしょうか?

日中の日射しが眩しいバス!

バスには人間のような目蓋がありませんから、日中は眩しく感じているでしょう。

かといって、それを理由に釣れないままでいいはずがありません。

まずは日陰を釣ってみますが、春から夏にかけてなら、結構な数のバスが潜んでいたものの、秋になるとすっかりいなくなります。

日陰以外ならディープエリアにバスはいるかも?

日中の時間帯で、日陰以外で眩しくないところといえば・・・ディープ、つまり深場が該当しますね。

ディープクランクベイトやメタルジグなどで、底付近を叩いてみました。

確かにバスは反応してきたのですが、アタリが単発です。

海釣りのショアスロー専用ジグを転用してみよう!

そこで思い付いたのが、海釣りで流行っているショアジギング用のアイテムです。

ショアスロー専用のジグなら、ゆっくりとフォールしてくれる特徴を持っていますから、いきなり底付近を叩かずに、途中の中層にとどまっているであろうバスも、誘ってくれるのではないでしょうか?

ボディウエイトの設定が豊富だから狙った層を出したいフォールスピードで攻略できる!

実際にショアスロー専用ジグをキャストしてみました。

ボディウエイトの設定が、パームスのスローブラットキャストオーバルなら、軽量10グラムから15グラム・20グラム・30グラムと選べるようになっています。

ゆっくりフォールさせたいとき、そのフォールスピードを変えたいときなどに重宝しますよ。

中層でアタリがひんぱんに発生するときは、タテにフォールさせるだけでなく、ヨコ方向にも泳がせてみました。

アシストフックのおかげで、複数のバスをバラシなしで獲ることができましたよ。

7フィート近くの長めのロッドで、タテにヨコに操作しながら、ショアスロー専用ジグを操ってみてください。

日中のタフタイムは、これで楽しく過ごせそうですね。

実釣で使用したおすすめアイテムはこちら

アングラーズリパブリック スローブラット キャスト オーバル 30g

アングラーズリパブリック スローブラット キャスト オーバル 30g

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング