水面 写真

池や湖でよく見かけるインレットはどうやって攻めればいいの?先行者と出くわしてしまったらあきらめるしかない?

FISHING JAPAN 編集部

池や湖は、水が集まりそこに溜まって形成されています。

ではその水は、どこからやってくるのでしょう?

雨が降り、高くそびえる山々に浸み込み、ひとつの水の流れとなって沢を作り出します。

複数の沢がたどり着く場所が池・湖なら、その接点のことをインレット=流れ込みと呼んでいますよ。

山々からの新鮮な水が流れ込むインレット!

インレットには、山々からの新鮮な水が流れ込んでいます。

汚れていませんから、魚たちが呼吸をするのに適しているでしょう。

また水の流れは、さまざまなものを一緒に運んできます。

エサとなる虫などが混じっていたら、魚たちの格好のエサ場にもなるのです。

よく釣れるポイントとして知れ渡っているインレット!

インレットの水は、周囲より冷たいケースがあります。

夏場ならここに来るだけで、上がった体温を冷やせそうですよね。

たくさんの魚たちが集まり、長く過ごすのにも向いているというのなら、バスもインレットに引き寄せられるのは間違いなさそうです。

実際によく釣れるポイントとして、よく知られています。

先行者のいる状況でバスは釣れるの?

インレットでバスを釣るには、どうすればいいのでしょうか?

我先にボートを走らせ、インレットへ一番乗りできた釣り人なら、カンタンに釣れそうですよね。

でも、次点でたどり着いた釣り人は、すでに叩かれた後のインレットしか攻めることはできません。

プレッシャーがかかっていますから、釣るのは難しいのでしょうか、

インレットそのものではなく周囲をチェック!

実は、全くあきらめる必要はありません。

インレットに真っ先にたどり着いた釣り人は、インレットそのものにルアーを投入しがちです。

ということは、そのピンポイント以外は手付かずで、その場を離れてくれているケースが多いのです。

インレットのそばには、湧き水が吹き上がっていることがよくあります。

泡が水面に出ているので、見つけるのが容易ですよ。

その周辺も、小規模ながらインレットと呼べるのではないでしょうか。

そこにウィードや折れ枝、日陰などが重なっていれば、プレッシャーのかかっていないバスに出会えるかもしれません。

じっくり水面や水中を観察して、湧き水を見つけ出してくださいね。

偏光効果で水中がしっかり確認できるおすすめアイテムはこちら

ダイワ(Daiwa) 釣り 偏光 サングラス オーバーグラス DO-4033 グレーフラッシュシルバーミラー 04991494

ダイワ(Daiwa) 釣り 偏光 サングラス オーバーグラス DO-4033 グレーフラッシュシルバーミラー 04991494

参考価格:¥8,948

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング