バス 写真

デカバスをまだ釣ったことがない人はどうやって釣ればいいの?偶然から始まるバス釣りをベースにこれまでと異なるアプローチを試してみよう!

FISHING JAPAN 編集部

シンプルに考えてみましょう。

デカバスって、どうやったら釣れるのでしょう?

偶然釣れてしまうのを待つしかないのでしょうか。

それとも何か、特別な釣り方があるのでしょうか。

デカバスは高齢で経験が豊富な印象!ハードルが高い?

デカバスは、その体格の大きさから、高齢であるとされています。

重ねた年月の間に、さまざまな経験を積んでいるようにも思われていますね。

そうなると、初心者アングラーでは太刀打ちできないのでは?と、釣りに行く前からあきらめてしまう人も出てきます。

デカバスが釣れた!喜び爆発!

実はデカバスは、偶然釣れることがあります。

釣った人はとても驚き、慌てふためき、何とか取り込むことができたなら、喜びを爆発させます。

そしてその場で起きたことを、ほとんど忘れてしまいます。

でも、釣れた場所だけは記憶しています。

だから次の釣行で、同じ場所に同じルアーを投げ込むことを繰り返すのです。

近所の小規模の池で釣りたい!

琵琶湖のようなデカバスがたくさん居るところなら、また偶然釣れるかもしれませんね。

でも、デカバスの絶対数が少ないであろう小規模な池では、偶然が再び起こることは難しいと考えざるを得ません。

視野を広げて観察する!

そこで試したいのは、記憶に残っているデカバスが釣れた場所に向かい、ロッドを握らないことです。

釣れた場所を、少し引いた位置から大きく眺めてみましょう。

半径10メートルも範囲を広げれば、知らない状況だらけです。

「こんなところにこんなものが突き出していたのか!」や、「あ、ここに何か沈んでいる!」など、初見でノーチェックだったわけですから、初めて得る情報が山盛りです。

その中に、デカバスが飛び込んできたであろう「通路」を見つけることができれば、しめたものです。

デカバスが好んで使う「通路」には、目印になるものが点在していますし、鳥などの外敵から我が身を見えなくするための障害物があるはずです。

それらひとつひとつにデカバスが滞留する可能性があります。

そこ目がけて、ルアーを投入していくのです。

できればひとつも漏らさず、着水音を抑えながら、丁寧なアプローチを繰り返してみてください。

偶然に縛られないバス釣りに、一歩踏み出せたことになるでしょう。

デカバスに対応できるおすすめアイテムはこちら

JACKALL(ジャッカル) フロロカーボンライン レッドスプール 100m 3.5号 14lb

JACKALL(ジャッカル) フロロカーボンライン レッドスプール 100m 3.5号 14lb

Amazonへ 売り切れ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング