バス 写真

秋はベイトフィッシュパターンで釣るってよく聞くけどどうすればいいの?冬を間近に控えたバスがとる行動をチェックしてみよう!

FISHING JAPAN 編集部

バスが捕食している対象の小動物全般をベイトフィッシュと呼ぶ人もいますが、要するに生きていくために必要な食べ物のことです。

秋の次は冬、寒くなるとその食べ物が極端に摂取し難くなりますから、秋のうちに獲ってしまおう!とバスが思い付いた末の行動でしょうか。

とにかくあちこちで荒食いが始まっていますよ。

ベイトフィッシュをバスが襲うシーンを見てみたい!

バスがベイトフィッシュを襲う瞬間は、目で追おうとしてもムリでしょう。

まず見つかりませんし、シャッターを切る時間すら与えてくれません。

ただ、水深の深いエリアでスタートした捕食シーンは、水深の浅いエリアで完結することが多いのです。

それに基づいて、浅瀬に向かってみましょう。

自分の気配を消して観察することに集中!

浅瀬に到着したら、釣り人=自分自身の気配を消して、耳をすましてください。

水面が割れ、バシャッ!と水飛沫が飛び散る方向をとらえたら、撮影できるギリギリのところまで近寄ります。

そこでまた、気配を消しましょう。

気配を消すというのは、こちらから絶対の音を立てないことです。

バスを含む水中に棲んでいる生き物たちは、我々が出す異音にかなり敏感に反応することを知っておきましょう。

ロッドにも触れずに集中しよう!

うまくいけば、ボートやカヤックの真横でベイトフィッシュを捕食するシーンを見ることができます。

その間、ロッドに手を触れてはいけません。

耳で音を聞き、目で一瞬の変化をとらえることに集中してください。

そして、バスがベイトフィッシュを襲うという行為がどういうものか、自分の目に焼き付けて欲しいのです。

慎重にベイトフィッシュに近寄るバス!

荒食いと言われていても、バスは荒々しく騒々しくベイトフィッシュを襲ったりしません。

あれは襲った後の乱れた水面や状況を見た人の感想でしょう。

バスは静かに近づき、そして一瞬でダッシュをかけてその身をベイトフィッシュの群れの中へ投じます。

まるで群れに体当たりをしているかのようです。

口を開くのはその後。

景色ごと吸い込むかのように、複数のベイトフィッシュを口の中へ放り込んでしまいます。

なのでよく捕食しているバスは、お腹周りがパンパンに膨れ上がります。

観察してみた感想ですが、ベイトフィッシュはひとつところに寄り添って群れを形成しているようです。

それが深場であれ浅瀬であれ、バスを確実に引き付けているのは間違いなさそうですね。

他の季節より群れの状態になりやすいと仮定すれば、秋がベイトフィッシュパターンで攻略できるというのも頷けるでしょう。

ただ、ルアー単体では、なかなか群れそのものを演出できませんから、いかにアプローチするかが重要になってきますね。

動かすばかりでなく、フリーズしたようにルアーを静止させることも効果的で、そういった機能に長けたものも使いこなせるようになりましょう。

ベイトフィッシュそっくりな静止姿勢も演出可能なおすすめアイテムはこちら

JACKALL(ジャッカル) ルアー ソウルシャッド68SP RTマルハタオイカワ.

JACKALL(ジャッカル) ルアー ソウルシャッド68SP RTマルハタオイカワ.

最安値価格
¥1,599(楽天市場)

Amazonへ ¥1,692

楽天市場へ ¥1,599

Yahoo!へ ¥1,599

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング