竹 写真

水面に浮いた竹を活用してバスを釣ることはできないの?単なるカバー撃ちでバス釣りを終わらせない連動アプローチとは?

FISHING JAPAN 編集部

水面に浮かぶ竹、荒天によって朽ち落ちたものでしょうか。

池や湖でバス釣りをしていると、しょっちゅう出くわす光景です。

これをうまく活用できないものか、ちょっと実験をしてみました。

竹を電車のレールに見立てる!

浮いている竹をどちらの方向からとらえるかによって、活用の仕方が変わるでしょう。

竹は、真っ直ぐに水面ギリギリに浮いていて、表面はツルツル。

竹にラインを引っ掛けても、傷みそうにありませんよね。

この真っ直ぐ状態、電車のレールのように使えるのではないでしょうか。

ナナメ方向から竹をとらえると・・・

浮いている竹の片方の端に回り込んで、ナナメにとらえてみました。

これならルアーをキャストして、竹に引っ掛けながら手前に寄せてくることが可能です。

まさにレールを走る電車のよう、スルスルと滑ってくれそうなストレートワームから始めてみましょう。

子バスが釣れた!これがヒントを与えてくれる!

真っ直ぐな竹は、複雑なカバーとはお世辞にも言えません。

なのでそこに着いているバスも、ビッグサイズのものはあまり期待できないでしょう。

案の定釣れてくれたのは、可愛いサイズの子バスでした。

でも、この子バスが、ひとつのヒントをくれたのです。

この場を観察しているであろう別のバスの存在をイメージしよう!

浮いた竹に着いている子バスを釣ってしまうと、そこでは2匹めが釣れなくなります。

でも、本当に釣れないのでしょうか。

バスはどこからか竹を観察していて、捕食に適したタイミングで進入してくるかもしれませんよ。

何故なら、1匹めの子バスが起こした水飛沫や波が、周囲に時間差で伝わっているからです。

バスが振り向く最大の要因を、ワームと子バスで作り出したのだと考えてみてはどうでしょう。

水押しがバスを引き寄せるのは間違いありませんが、何もルアーだけで水を押す必要はないのです。

子バスに手伝ってもらいましょうよ。

浮いた竹を這わせるルアーを、ワームからリップ付きの大型フローティングルアーに変えてみました。

ワームのままなら、また子バスが釣れてしまう確率が高くなるでしょう。

リップ付きルアーなら、竹に触れながらきっちりトレースすることが可能になり、なおかつビッグバスが狙えますよ。

最初からこのルアーを結ばないのは、重要な「子バスの水押し」が得られないからです。

どうです、何やら自分自身で釣れる場を作っている気分になりませんか?

こういった連動アプローチを実践している釣り人は、まだまだ少ないようです。

やってみる価値はありますよ、釣れないときほど時間は豊富にありますから。

竹に沿って滑らせても丈夫なおすすめアイテムはこちら

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン ゲーム 150m 4号 20lb

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン ゲーム 150m 4号 20lb

参考価格:¥1,411

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング